プラストークンAI-Dogのロック期間は? 追加した場合はどうなるの? 未来のイメージ

こんにちは!プラトです~

細かいQ&Aにお答えしますね!

質問:AI-Dogに入れて28日以内は5%、28日以降は1%の手数料が引かれるのはわかりましたが追加したものはどうなりますか?

例題)
10/1: 2 BTC をアービトラージ
↓  ↓  ↓
10/5:1 BTC を増額
↓  ↓  ↓
10/30:アービトラージを辞め OFFにする。

① 3 BTCに対し5%手数料(0.15BTC)引かれ 2.85 BTCしか戻らない

② 10/1:2 BTCは28日たっているので1%手数料(0.02BTC)
10/5:1 BTCは28日たっていないので5%手数料(0.05BTC)
10/1と10/5分を別に換算し(手数料:0.07BTC)2.93 BTC戻る

どちらの解釈が正しいのでしょうか?

回答:Ai-Dogにいれた日から計算して28日経っているかどうかをチェックするべし!

回答から言いますと、②になりますね。

複利運用する方は、毎日プラストークンで受け取り、イーサリアムにエクスチェンジして、Ai-Dogに入れています。

1月1日10イーサリアム入れました。(1月28日までは5%手数料)

1月2日10イーサリアム追加しました。(1月29日までは5%手数料)

1月3日10イーサリアム追加しました。(1月30日までは5%手数料)

1月4日10イーサリアム追加しました。(1月31日までは5%手数料)

1月5日10イーサリアム追加しました。(2月1日までは5%手数料)

1月6日10イーサリアム追加しました。(2月2日までは5%手数料)

1月7日10イーサリアム追加しました。(2月3日までは5%手数料)

1月8日10イーサリアム追加しました。(2月4日までは5%手数料)

1月9日10イーサリアム追加しました。(2月6日までは5%手数料)

1月10日10イーサリアム追加しました。(2月7日までは5%手数料)

1月11日10イーサリアム追加しました。(2月8日までは5%手数料)

1月12日10イーサリアム追加しました。(2月9日までは5%手数料)

1月13日10イーサリアム追加しました。(2月10日までは5%手数料)

1月14日10イーサリアム追加しました。(2月11日までは5%手数料)

1月15日10イーサリアム追加しました。(2月12日までは5%手数料)

1月16日10イーサリアム追加しました。(2月13日までは5%手数料)

※ここでAi-Dogをやめれば1月1日10イーサリアム入れたものが±ゼロ(月利10%の半分15日で月利5%)手数料支払ったとしても元本になる(変動で多少前後するけどね)

1月17日10イーサリアム追加しました。(2月14日までは5%手数料)

1月18日10イーサリアム追加しました。(2月15日までは5%手数料)

1月19日10イーサリアム追加しました。(2月16日までは5%手数料)

1月20日10イーサリアム追加しました。(2月17日までは5%手数料)

1月21日10イーサリアム追加しました。(2月18日までは5%手数料)

1月22日10イーサリアム追加しました。(2月19日までは5%手数料)

1月23日10イーサリアム追加しました。(2月20日までは5%手数料)

1月24日10イーサリアム追加しました。(2月21日までは5%手数料)

1月25日10イーサリアム追加しました。(2月22日までは5%手数料)

1月26日10イーサリアム追加しました。(2月23日までは5%手数料)

1月27日10イーサリアム追加しました。(2月24日までは5%手数料)

1月28日10イーサリアム追加しました。(2月25日までは5%手数料)

1月29日10イーサリアム追加しました。(2月26日までは5%手数料)

※ここでAi-Dogをやめれば1月1日10イーサリアム入れたものが1%の手数料を引かれて月利9%の利益として終われる。(日利0.33%月利10%と計算して)(変動で多少前後するけどね)

1月30日10イーサリアム追加しました。(2月27日までは5%手数料)

※ここでAi-Dogをやめれば1月1日と2日の20イーサリアムは1%の手数料ですね。

1月31日10イーサリアム追加しました。(2月28日までは5%手数料)

つまり、Ai-Dogに入れた、追加した日から数えて28日以内は5%手数料。

28日以降は1%手数料とお考えください。

AI-Dogはどうやってアービトラージしているの?
手数料はなぜ5%と1%があるの?

こちらは、見解になりますが、全員分のAi-Dogに入れている原資をアービトラージ運用しているわけではないです。

イメージでとらえて頂きたいのですが、世界一安い取引所に軍資金をセットします。

続いて、世界一高い取引所に軍資金をセットします。

例:
A交換所は1ビットコイン70万円

B交換所は1ビットコイン80万円

Ai-Dogシステムが利益が出ると分かった時に買いと売りをして利益を確保します。

もちろん、利益が出ないとなるとシステムは動きません。

全世界の交換所、取引所での仮想通貨の格差はどれくらいでしょうか?

実は、今回プラストークンウォレットに実装されているAi-Dogは2015年から3年間実用化して実績を出して来たアービトラージシステムです。

ですから利益を出すのは問題ないのですが、それをウォレット利用者に還元すると人が人を呼ぶことも理解できるので、3年間で数値データの平均を出してある程度決められた月利10%を原資に対して、毎日一定の時間で配当として出すと日利0.33%前後になり、それぞれの仮想通貨の原資で支払うのではなくプラストークンで支払います。

ロック期間はなく、いつでも取り出せるけど、アービトラージシステムの電気代として28日は5%と割高な手数料を設定しておくと、最低15日は保管する。
その間にどれだけの利益が得られることか・・・
基本、プラストークンから運用益を毎日貰い、紹介報酬も貰い、合わせると比較的短期間で元金回収ができます。

28日まで5%、28日からは1%となるとほとんど1ヶ月間は入れておきます。
すると、無料で月に10%増えるものだから、そのまま継続する人が多いです。
そして、増えたプラストークンがちゃんとお金として認めると、人はどんどん追加する傾向にありますし、1つの仮想通貨ではなく7つの仮想通貨をAi-Dogに入れてきます

最終的にプラストークンウォレットが20の仮想通貨を扱うとなると、色々保有している方は全部Ai-Dogに入れて、10の仮想通貨を入れて月利100%のプラストークンを受け取るのです。

※仮想通貨原資で支払うのではなくプラストークンで支払う

これが長期的に運用できるカラクリでもあります。

プラストークン財団はAi-Dogに入れているそれぞれの通貨を自在に操作はできます。

でも、全員のAi-Dogに入れている仮想通貨は使っていないとして、それでも財団に置いている、又は財団の仮想通貨で大量に出した利益で月利10%、日利0.33%変動で均等分配しているとします。

すると、365日毎日、日利0.33%変動で利息を渡すものだから、どんどんプラストークンウォレットを保有する方が増えてきます。

口コミがおこり、1000万人の方がAi-Dogに最低500ドル入れてAi-Dogアービトラージ募集は終了しました。

この1000万人の方は毎日365日、日利0.33%、月利10%前後貰えますが、2024年でAi-Dogアービトラージ配当が終了します。

AI-Dogアービトラージ利益が貰えなくなった方たちはどうするでしょうか?

しかし、毎日プラストークンで報酬を受け取ってイーサリアムでエクスチェンジして外部ウォレットに出す人も続出します。

でも、その時はプラストークンウォレットの取り扱い仮想通貨は20以上になっており、リアルマネーの中国のお金ゲン、アメリカのお金ドル、韓国のお金ウォン、日本のお金エン、それぞれのお金がOTC取引やプラスATMで自由に引出しできています。

日利、月利を貰っても、再度プラストークン財団に戻す仕組みを理解しよう!

1000万人の方たちは日利、月利を毎日何もしなくても配当が貰えるので、そのウォレットに毎日入ってくる報酬履歴を周りに見せて、無料ダウンロードしてもらい、アフィリエイト報酬も合わせてもらう方たちが増えました。

そして、自分が入れた仮想通貨の元本はイーサリアムで引き出して、残りの配当は毎日プラストークンでためていきました。

すると、1ドルもしなかったプラストークンがわずか半年もしない間で16ドルになり、やがて、2018年末までには50ドル~100ドルぐらいになる勢いです。

毎日昼の14時から15時ぐらいにスマホを手に取り、プラストークンウォレットを開いて、収益ボタンをタップして、今日にプラストークン単価とプラストークンの数をチェックする人たちが増えてきます。

100万円入れている方は月利10%で10万円分のプラストークンが貰えて、それを色々なお店でも使えるようになりました。

10万円分が毎月色々買えるので、普通の仮想通貨を全く知らない、主婦の方やお年寄りの方がどんどん無料ダウンロードしてAi-Dogに入れて、日利、月利を貰いだしました。

それで、その噂が広がり、誰かからの招待コードからしか登録できないので、勝手にネットに記載している招待コードを入力してどんどん無料ダウンロードして、プラストークンウォレットを使う方が増えてきました。

いつの間にか紹介報酬がどんどん増えていき、喜んでいると右下の2番目にある
「取引」というボタンに目が行きます。

そこをタップすると、世界中でプラストークンウォレットを持っている方たちが、
非中央集権で活発にそれぞれの仮想通貨を売買しています。

なんと、そこは、プラストークンウォレットの中に存在する、1人ひとりの取引所だったのです。

つまり、ブロックチェーン技術のプライベートキーで自己管理するプラストークンウォレットとAi-Dogアービトラージで日利、月利10%前後出すシステムと、
全世界に100万人以上のウォレットを利用しているユーザー達が毎日ブロックチェーン技術の中の売買取引をして利益を出しているのです。

プラストークン取引所のオーナーはあなたです!

コインチェックやザイフやビットフライヤーなどは中央集権で管理者がいて、
ハッカーに狙われたら、全員の仮想通貨はなくなるけど、プラストークンウォレットは「ブロックチェーンウォレット」と同じプライベートキー、シークレットキーで、
個人個人が自己管理しているのでハッキングにも遭いにくく、プラストークンウォレット内での取引所で売買が完了したら、プラストークンウォレットにすぐに着金されて、それを内部、外部に送るときには約0.3プラストークン(単価に応じて変動、常に約500円)の手数料を支払い利用している人たちがあふれています。

あなたは取引所のオーナーになります。
あなたが紹介した人達が取引売買する度にプラストークン財団に入ってくる、手数料の50%を取引所オーナーに分配します。

しかし、取引所オーナーとして手数料を貰うには条件がありました。

それは、自分のプラストークンウォレットに300枚のプラストークンを常に保有しておくという条件だったのです。

9月30日までにプラストークン取引所が上場する前にAi-Dogに最低500ドル入れていたら取引所手数料50%を分配するということだったのが、色々な方からの要望で、プラストークン財団は最終的に「平等」を選んだのです。

Ai-Dogに500ドル以上入れる方1000万人で打ち切りますが、今からでも参加した人全員取引所のオーナーとして権利を与え、その条件をクリアーした場合、取引所の手数料50%を平等にお支払いすると決めたのです。

プラストークン取引所手数料50%欲しい場合は、今まで貰った報酬を300枚にしてプラストークンウォレットにストックしておかなければならない。

重複しますが、取引所手数料50%の報酬を貰いたい場合は300枚のプラストークンをウォレットに保有することが条件です。

そうすれば、1回500円の手数料だとすると、5%の25円が貰えます。

それが、10段まで貰えますが、絶対条件は10名以上紹介してAi-Dogに入れていることが条件ですが、2人紹介で2段までの手数料、5人紹介で5段までの手数料と紹介人数に応じて自分からのメンバーの取引手数料の50%が貰えます。

さらに、10段以上下の5%の手数料を得ようと思うと、プラストークン財団に5000枚、又は10000枚のプラストークンを預けないといけないのです。

ダイヤモンド5000枚、VIP10000枚は2020年以降から提供されるプラストークンマイニング用の3億枚を貰う権利として、先行購入しているのです。

10月には1プラストークン16ドルですから、約5000枚ですと900万円、
10000枚ですと1800万円のプラストークンが必要になります。

しかし、2018年2月に行われたICOでは、15000イーサリアム分のプラストークン単価が0.5ドル、1人当たり1イーサリアムと1000プラストークンがチェンジされたのです。

それから、1ドルもしない時に、プラストークン財団の可能性を感じた方は5000枚、50万円、1万枚を100万円ぐらいの金額で2020年マイニングが稼働するまで長期保有しているのです。

仮想通貨の原資から出る利益をプラストークンで受け取り続けるとどうなるのか?

もう、お分かりのように、ICOが行われた時から一人当たり1イーサリアムしか譲らなかったのと、1人当たりの購入、交換は100プラストークンと決まっています。

するとプラストークンが欲しい方は仕方がないので「相対取引」又は「Ai-Dogアービトラージ」に入れて、日利、月利でプラストークンを貯めるしかないです。

ここで色々な考え方が出てきます。

1、Ai-Dogに原資を入れて、毎日貰う配当をイーサリアムにチェンジして外部ウォレットに引出し、元本回収して余裕をもってプラストークンウォレットと付き合う。

2、最低Ai-Dogに500ドルを入れて日利、月利だけもらい、後は紹介をたくさんだして紹介報酬をたくさんもらい、毎日イーサリアムにチェンジして外部ウォレットに移動する。

3、周りの批判や誹謗中傷の記事にビクビクして、もしかしたら自分の原資がなくなるんではないかと、毎日不安になって、やめたいけど、日利が今は入るからやめられないでどうしようかと悩んでいる。

1~3この方たちはプラストークン財団のことを信じていない方たちですね

4、自己責任の範囲で、Ai-Dogに入れて日利、月利を貰い、自分の元金だけ引出し、後は気長に周りに自分の配当履歴を見せて紹介しながら、自己責任でやるように伝えながら、プラストークン財団がもしかしたら、凄いことをやってくれるのではと期待しながら、昼の14時から15時頃にニヤニヤしながら収益を見ている。

5、自己責任と割り切り、Ai-Dogアービトラージを2024年まで楽しみ、さらに紹介もしてアフィリエイト報酬も得ながら、オーナーとして取引手数料も貰いたいので、
ウォレットに300枚のプラストークンを保有して、プラストークン財団から継続するだけ報酬を得ようとしている。

6、プラストークン財団のスキームが素晴らしいと理解して、積極的にプラストークンウォレットを広げて、全世界の共通決済通貨を目指して批判や誹謗中傷などに恐れずに、毎日プラストークンウォレットを広げながら、取扱い店などを開拓している。

7、プラストークンが1000ドルになるまで頑張ると決めている

8、プラストークン財団と一緒に死ぬ覚悟で取り組んでいる。

 

などなど、色々な考え方ができるけど、最終的には
全世界でプラストークンウォレットをどれだけの人数が利用して、プラストークンを決済として利用するかによって価格も変わってきます。

プラストークンの単価は全世界の1000万人の方たちが、プラストークンウォレット内で売買トレードしだすとどれくらいの変動が起こるでしょうか?

中央集権ではない、非中央集権での独立した仮想通貨の変動で、得した人、損した人もでるけど、2024年までAi-Dogアービトラージから貰える日利、月利を楽しみ、最終的に全世界の仮想通貨が集まり、自己責任で管理することになる。

1プラストークン5ドルのときに、100プラストークンのボーナスを貰っていました。

1プラストークン10ドルになったので、50プラストークンしかもらえません。

1プラストークン20ドルになったので、25プラストークンしかもらえません。

1プラストークン50ドルになったので、10プラストークンしかもらえません。

1プラストークン100ドルになったので、5プラストークンしかもらえません。

1プラストークン500ドルになったので、1プラストークンしかもらえません。

1プラストークン1000ドルになったので、0.5プラストークンしかもらえません

1プラストークン5000ドルになったので、0.01プラストークンしかもらえません。

1プラストークン10000ドルになったので、0.005プラストークンしかもらえません。

2020年から3億枚のマイニング用のプラストークンが発行されてきました。

5000枚、10000枚をプラストークン財団に担保として置いている人たちは、毎日マイニングから得られる配当で大金持ちになりましたとさ・・・・・おしまい。

 

追伸・最終的にプラストークン財団の狙いはAi-Dogに500ドル以上入れている1000万人ユーザーを作り、アービトラージの利用者ではなく、全世界に仮想通貨を持っているユーザーたちがプラストークンウォレットの中で売買トレードを毎日多くの方がやってくれて、手数料が雪だるま式に入る仕組みを作ろうとしている。

 

298,000円の超豪華特典と5,000円相当を
お受け取りください!

100万人以上ダウンロードしたプラストークンウォレット

導入
して超豪華特典もらっちゃおう!  (無料ダウンロード)

 

今すぐ下のリンクをタップしてご確認ください!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。