プラストークン会社情報英文表記23ページを日本語翻訳したもの

上は英語表記で、ここから先は日本語翻訳したものになります。

プラストークン会社情報PDF日本語翻訳を公開

23ページにまとめられたプラストークン会社詳細情報がありますが、グーグル翻訳で日本語に訳したものを掲載します。

参考程度でご確認ください。

こちらのリンクは原本の英語表記の資料になります。

上のリンクの英文を翻訳したものがこちらです。

グーグル翻訳をそのまま掲載ですので、日本語文章がおかしい部分があるかもしれませんがご容赦ください。

会社法(第50章)
PRIVATE COMPANY LIMITED BY SHARES
の構成
PLUS TOKEN PTE。LTD。
1.会社名はPLUS TOKEN PTEです。LTD。
2.会社の登録事務所は、シンガポール共和国にあります。
3.メンバーの責任は限定されています。
4.会社の株式資本は
600ノースブリッジロード#12-02 / 03
パークスクエア
シンガポールシンガポール188778
通貨発行金額
シンガポール、ドル100000
5.私たちは、この憲法で名前と職業が設定されている人、この憲法に基づいて会社を設立したい
それぞれは、当社の資本金に対して、当社の各社名義の株式を取得することに同意します。
名前加入者の職業
加入者の
株式数
割当て済
株式通貨のクラス
CHAN CHEE WENG 50000普通シンガポール、
ドル(SGD)
HO WEN 6月50000普通シンガポール、
ドル(SGD)は
この日付:21/08/2018
1ページ23の
解釈
6 (1)この憲法において、
“法律”とは会社法(Cap。50)を意味する。
「取締役会」とは、当社の取締役会をいう。
「取締役」とは、会社の取締役をいう。
「会員の電子登録」と
は、法律第196A条に基づく民間企業のために登録官が保管および維持する会員の電子登録をいう。
「総会」とは、会社の総会をいう。
「会員」とは、会社の会員を意味します。
「レジストラ」は、法第4条第1項と同じ意味を持ちます。
「シール」とは、会社の共通シールを意味します。
「秘書」とは、法第171条のもとで任命された会社の秘書を意味する。
(2)この憲法において、
(a)執筆に言及する表現には、反対の意思が現れない限り、
印刷、リソグラフィー、写真、および他の言葉を
目に見える形式で表現または再生することへの言及、そして
(b)この憲法に含まれる言葉または表現
は、解釈指針(Cap。1)の規定、およびこの
憲法が会社に拘束された日の有効な法律に従って解釈されなければならない。
資本金および権利の変動
7-(1)以前に既存の株式またはクラス
の株式の保有者に付与されたが、同法の対象となる特別な権利を侵害することなく、会社の株式は取締役によって発行されることがあります。
(2)(1)に規定
する株式は、配当、議決権の行使、資本の返還その他のいずれの場合においても、取締役としての普通株式に基づく優先株式、繰延株式その他の特別の権利または制限付きで発行することができる
会社の決断は、決定する。
8 .-(1)株式資本がいつでも異なる種類の株式に分割される場合、そのクラスの株式
の発行条件によって別段の定めがない限り、そのクラスに付随する権利は、されている
とともに変化させることが、巻き上げ-
そのクラスの発行済株式の75%の保有者の書面での(a)に同意。または
(b)の特別決議の制裁は、株式の保有者の個別の株主総会で可決された
クラス。
(2)総会に関するこの憲法の規定は、第1項に規定
するクラスの株式の保有者のすべての別個の総会に必要な変更を加え、
23のページ2
(a)に必要な定足数は、プロキシによって発行された株式の三分の一の保持または表す少なくとも2人である
クラスと、及び
(b)は、投票を要求することができる人に存在するかまたはプロキシによってクラスの株式の任意のホルダー。
(3)法第184条は
、第(1)項の授権株式保有者の別個の総会で合意されたすべての特別決議に対する必要な変更を適用する。
9.優先権またはその他の権利をもって発行されたクラスの株式の保有者に付与される権利は、そのクラスの株式の特記
事項によって明示的に規定されている場合を除き
、追加株式の発行または発行そのクラスの株式と等しくランクされています。
10.会社は、法律により許可されている証券を支払うことがあります。
11 .-(1)法律で要求されている場合を除き、いかなる
信託においても、株式を保有していると認められる者はいない。
(2)法律または本憲法によって要求されている場合を除き、当社は以下のいずれかを
認識することに拘束されることも、強制されることもありません。
(a)株式の一部または全部に対する衡平な、偶発的な、又は
(b)のいずれかの共有または共有のユニット、の点で他の権利
共有の共有またはユニットの全体に登録された所有者の絶対的な権利以外。
(3)(2)(a)
又は(b)に規定する利息又は権利の通知があっても、第2項は適用される。
(1)メンバーの電子登録簿に登録された者は
、法律に基づき、会社の印鑑の下で払い戻しを受ける権利があります。
(2)共有または数人が共同保有する株式に関しては、会社はより多くの発行に結合していない
証明書を1つ、およびいくつかの共同保有者のいずれかに共有の証明書の送達は、そのようなすべてのに十分な送達である
ホルダ。
Lien
13 .-(1)同社は、
(a)
一定期間に支払われる、または支払われるすべての金銭(現在支払われているか否かにかかわらず)に関して、そのシェアの そして
(b)
その人またはその不動産が会社に現在支払っているすべてのお金について、一人の人の名前で登録されているすべての株式(完全支払済株式以外)。
(2)当社の先取特権がある場合には、その株式に支払われるすべての配当金にも及ぶ。
(3)取締役は、いつでも、株式の全部または一部を(1)または(2)、または
その両方から免除することを宣言することができる。
23のページ3
取締役が適切と考えるよう14 .-(1)項に従うことを条件には、(2)、同社は、どのような方法で、上の任意の株売却することができる
会社が抵当権を持っているし。
(2)次の場合を除き、第1項の規定により売却することはできない。
(a)先取特権が現在支払われている金額。
述べると先取特権があるとして存在する分に相当する金額の支払いを求めて(b)の書面での通知、
現在支払われるが、時間が共有のもののために登録されたホルダーに会社によって与えられた、またはされた
人が受ける権利登録株主の死亡または破産の理由による株式。および
(c)は14日の期間は、サブパラグラフ(B)での通知を与えた後有効期限が切れています。
(1)取締役は、規則14に基づく
株式の売却を実施するために、売却された株式を株式の購入者に譲渡する権限を与えることができる。
(2)規則25,26および27に従うことを条件として、会社は
、購入者に売却された株式に関連する株式の譲渡通知書をレジストラに提出しなければならない。
(3)(1)の株式の購入者は、購入
金の申請に拘束されるものではなく、購入者の株式に対する権利は、その株式
に関する手続の不規則性または無効性の影響を受けない。株式の売却。
(1)当社が受領した第14規則による株式の売却
代金は、現在支払われている金額のいずれかの部分の支払いに適用されなければならない。
(2)株式の売却残額は、(
売却前に株式に存在していたものの、現在支払われていないものの、現在支払われているものの
、売却。
株式の通話
17 .-(1)取締役は、時間から時間までに未払いの任意のお金の点でメンバーに呼びかけ作ることが
彼らの株式を、株式の割当ての条件に従って以外に、次の両方の場合
次の条件が満たされていること。
(a)前回の前回の支払いの支払い日から1ヶ月以内に支払われる通話はないこと。
(b)時間または時間を指定する少なくとも14日間の通知および支払場所は、会社によって
メンバーに与えられる。
(2)各会員は、
(1)(b)にいう告知に記載されている時間または場所および時間に、会員の株式に請求される金額を会社に支払わなければならない。
(3)取締役は、コールの取消しまたは延期を行うことができる。
(1)通話を許可する取締役の決議が成立した時点で行われたものとして扱われる

(2)分割払いによる通話が必要な場合があります。
4ページ23の
シェアの19共同保有者は、連帯してシェアの点ですべての呼び出しを支払う義務があります。
第十二条(1)株式の支払のために指定された日の前又は日に株式に関して呼び出された総額が支払われないときは、その支払期日が到来
する者は、以下のために当日
ような速度が取締役として年率8%を超えないで和の実際の支払いの時に和の支払いを
決定することができます。
(2)取締役は、第(1)項に規定する利息の支払の全部または一部を放棄することができる。
21 – (1)株式発行の条件により、割当日または固定日に支払われる金額は、発行日
に正式に行われ支払われるものとして扱われるものとするその総額は
支払われる。
(2)(1)に記載され
ている金額の未払いの場合、利子及び費用の払い込みに関する憲法のすべての規定は、その金額が正当な理由により支払われたかのように適用される
作成され、通知されます。
22.取締役は、株式の発行時に、
支払うべき通貨の額と支払の時期について、保有者を区別することができる。
(1)取締役は、
合理的であれば、会員が保有する株式に未払いおよび未払いの金銭の全部または一部を、事前に(会員が喜んで)受け取ることができる。
(2)に規定する金銭を受け取っ会社と(1)、取締役は(量までも
が、事前のために、支払わなる)(ような速度でメンバーを超えないように利息を支払わない限り
、一般的に会社取締役と
メンバーの間で合意に達することができる年率8%
株式の譲渡
24 .-(1)本憲法に従うことを条件として、いずれの会員も会員の株式の全部または一部を、
通常または一般的な形で、または取締役が承認する他の形式で書面で提出することができます。
(2)譲渡証書は、譲渡人またはその代理人によって執行されなければならず
、譲渡人は、譲受人の名前がメンバーの電子登録簿に記入されるまで、譲渡株式の所有者である。
(1)
法律第128条(1)(a)に基づき、同社が株式の譲渡通知をレジストラに提出することを可能にするために、株式の譲渡に関して以下の事項を譲渡人
会社の登録された事務所に、
(a)譲渡の書類。
(b)随時取締役が必要とする場合がある$ 1を超えない料金。
(c)譲渡証書が関連する株式の証明書。
(d)取締役が譲渡を行うために
譲渡人の権利を合理的に示す必要がある場合のその他の証拠。
ページ5 23
(2)にいうアイテムを受信すると(1)でロッジ規制26を受け、しなければならない会社
法のセクション128とレジストラによる株式の譲渡の通知をし、保持します計器
転送が規制24に言及
取締役があればレジストラに株式譲渡の通知を申し立てるために低下する可能性があり26 –
(a)の株式が完全に株式を支払わされていません。
(b)取締役は譲受人を承認しない。または
(c)の会社が株式の先取特権を持っています。
電子更新する目的のための登録と共有の転送の予告の27宿泊
メンバーのレジスタは、いつでも随時判断することができる取締役などの任意の期間のために中断することができる
ではなく、より多くのため1年に合計30日間。
株式の伝送
会社の株式の唯一の所有者が死亡した場合は28 .-(1)、同社が唯一の合法個人を認識することができる
株式の故人の関心に任意のタイトルを持つものとして故人の代表。
(2)会社の株式の共同保有者が死亡した場合、会社は死亡した生存者のみを死亡した者の株式に対する持分として認識することができる

(3)(2)のいずれも
、死亡した者が他人と共同して保有していた株式に関して、死亡した財産を、いかなる責任も免除するものではない。
29.-(1)会員の死亡または破産の結果として株式を受け取ることができる者は
、そのような証拠が適宜作成され、取締役によって適切に要求される場合、 –
(a)会員の電子登録簿の共有者として登録されている。または
(B)の電子レジスタに共有の譲受人として登録する別の人指名
メンバーを。
(2)(1)にもかかわらず、取締役は、
死亡または破産前
に第一項に 規定する会員が株式を譲渡した場合の規則26および27に基づく会員の電子登録を更新する目的で、登録官との株式の譲渡
メンバーの
30(1)会員の死亡または破産の結果として株式を受け取る
ことができる者が、会員の電子登録簿の所有者として登録されることを選択した場合、その者は

その者が共有者の電子登録簿に登録することを選択した旨を記載した書面による通知。
(2)会員の死亡または破産の結果として株式を受け取る権利を有する者が、会員
の電子登録簿に譲受人として登録する他の者を指名することを選択した
場合は、他の人がその株式を譲渡する。
23の6ページ
(3)すべての制限、制約、および譲渡する権利とに関連し、この憲法の規定
株式の譲渡に関連して、企業による転送通知の宿泊施設が予告に適用呼ばれ、
中に当該会員の死亡又は破産が
発生しておらず、その通知又は譲渡が会員が署名した譲渡であるかのように、(1)又は(2)
任意の株の登録所有者が死亡または破産となり、個人の代表どこ31 .-(1)
場合によっては、登録された所有者または登録された所有者の財産の譲受人、そのような製造時、であり
得るような証拠取締役が適宜必要とする権利を有するものとし、同一の配当金その他の
優遇措置をとる権利(会社の会合、投票等を問わず
、登録所有者が登録された保有者が死亡しなかったか倒産していないかを知ることができます。
(2)登録された所有者の死亡の結果として2人以上の者が共同して株式を保有する場合、
彼らは、この憲法の目的上、共有の共同保有者として扱われています。
株式の没収
32.メンバーは、通話やの支払いのために任命された日に、コールのいずれかの呼び出し、または割賦を支払うことに失敗した場合に
限り、通話や分割払いの一部が未払いのままとして、取締役月、コールの設置、 発生し
た可能性のある利息と共に、通話または分割払いの未払い部分の支払いを必要とする会員に通知する

33.規則32に基づく通知は、 –
(a)通知
により要求される支払いを行う日(その日の通知日から14日を超えないもの)そして
(b)任命された時点またはそれ以前に未払いの場合には、当該請求
がなされた株式は失効する可能性があると述べている。
34.-(1)規則33に規定する通知の要件が満たされない
場合、通知が与えられた共有は、通知が与えられた後いつでも、通知によって要求される支払いの前に
当該株式を没収する目的で合併された取締役の決議により失効するものとする。
(2)(1)に基づく没収には、没収された株式に関して宣言され
、没収前に支払われなかったすべての配当が含まれる。
35.失権した株式は、取締役が考えるように、いかなる条件および方法で売却または処分することができます
売却または処分の前のいつでも、取締役が
適切と考えるように、いかなる条件においても、没収は取り消されることがあります。
36.(1)失権した株式は、失効した株式に関しては、そのメンバーでなくなる。
(2)、人はその段落で言及(1)項にもかかわらず、会社にすべてのお金支払うことに責任を負うのまま
(と一緒に株式に関して没収の日に、会社に人が支払うべきだった、
ページ 取締役がその利息の支払を執行することに合っていると考える
場合には、未払時の金銭の没収日から年8%の利率で23の利息7を
支払う。
37.申告が取締役または会社の秘書で、ということを書面で法定宣言
会社でのシェアは宣言で述べ日に没収されたが、述べられた事実の決定的な証拠である
に対するとして宣言ですべての人がその株式の権利を主張する。
38.-(1)当社は、失権した株式の売却または処分に関する没収された株式について考慮を受ける場合
があり、その株式の売却先に有利な株式の譲渡を行うことができる
(この規則では譲受人と呼ばれます)。
(2)会社が譲受人に有利な株式の譲渡を実行する場合、会社は
譲受人を
没収された株式の登録所有者として反映させるために会員の電子登録を更新する目的で、法第128条に基づく登録簿の譲渡通知。
(3)譲受人は購入金の申請に拘束されず、譲受人の
株式に対する権利は、譲受人の没収、売却または
処分に関する手続の不規則性または無効性の影響を受けないシェア。
39.没収に関するこの憲法の規定は
、株式発行の条件により、一定の時間に、総額がコールによって支払われたかのように支払われる金額の未払いの場合に適用される正式に
作成され通知される。
株式の株式への転換
40.総会で合意した決議により、払込済み株式を株式
に転換し、株式を払込済株式に転換することができる。
第41条(1)(2)に
従うことを条件として、株主は同じ方法で株式および株式の一部を譲渡することができ、同じ規則に従うことにより、株式が生じた株式は、
変換前に、転送されています。
(2)取締役は、随時、譲渡可能な最小在庫量を定め、その最小額の譲渡を制限または禁止する
ことができる。
42.(1)(2)に従うことを条件として、株式保有者は、
配当に関する同権利、特権および利点、会社の会合での議決権行使および
その他の事項については、株が生じた株式を保有しているかのように扱われます。
(2)特権または特典(会社の配当および利益への参加および解約時の資産への参加を除く
)は、その株式の保有者の株式の少数部分によって付与されるものとし
、株式に存在する場合そのような株式の保有者に特権または利益を与えている。
23ページ8
払込済株式に適用この憲法の43の規定は、株式に適用され、「共有」とまで言及
彼らは「株式」と「株主」への言及であるかのように、この憲法では、「株主は、」読み取られますそれぞれ、
資本の変更
44.当社は、通常の決議により、時折、次のいずれかを行うことがあります。
(a)株式資本のすべてまたはいずれかを統合し、分割する。
(b)下位区分において、支払われ
た金額と、もしあれば、それぞれの減少した株式の未払い金額との間の比率が、減少した株式がある株式の場合と同じであるように、その株式またはそのいずれかを細分
する導出されます;
(c)決議が成立した日に、譲受人
または没収されなかった株式数を取り消し、その株式資本金額を
株式数で減額するキャンセルされました。
45.-(1)株主総会において会社から与えられる反対の方向性を条件として
、発行前にすべての新株は、オファーの日付に
株主総会の報酬を比例して、または状況に応じ
て、資格のある既存の株式の金額に応じて、会社から通知を受ける。
(2)オファーは、提供される株式の数を指定し
、オファーが受け入れられない場合にはオファーが拒否される期間を制限する通知によって行われなければならない。
(3)(2)に規定する期間の満了後、又はその提供を受ける者
取締役は提供された株式を減少させることにより
、当社にとって最も有益であると考えられる方法でこれらの株式を処分することができます。
(4)取締役は、(新株式は、株式への負担比率の理由により、任意の新株式を処分する
新株式の提供を受ける資格者が保持している)、取締役の意見では、便利に提供することはできません
。この下規制。
46.会社は、特別決議および法律で要求される同意を得て、いかなる
方法でも株式資本を減額することができる。
総会
47.-(1)会社の年次総会は、同法の規定に従って開催されなければならない。
(2)年次総会以外の総会は臨時総会と呼びます。
48.-(1)臨時総会は
、(a)取締役が適切と考えるときはいつでも、または
(B)法によってために提供される任意requisitionist。
(2)(1)に基づいて募集がなされた場合には、臨時総会を招集しなければならない。
23のページ9
49 .-特別決議と人の間で何らかの合意に関連法の規定に(1)対象
会社から株主総会の通知を受け取る権利がある、少なくとも14日前の通知(日の排他的
その通知が行われている、または取り扱われているが、通知が与えられた日を含む)は
、会社からの総会の通知を受ける権利を与えられている人に与えられなければならない。
(2)総会の通知には、次の事項を明記しなければならない。
(a)総会が開催される場所。
(b)総会の日時。
(c)総会で特別取引を行う場合は、その業務の一般的性質。
(1)臨時総会で取引されるすべての事業は特別な事業である。
(2)年次総会で取引されるすべての事業は、以下を除く特別な事業
です。(a)配当宣言。
(b)財務諸表の検討、監査人の報告および取締役の声明。
(c)取締役の退任のための取締役の選任。および
(D)監査役の報酬の約束、定着。
総会の議事録
51.-(1)会議の開催
時に会員の定足数が存在しない限り、いかなる総会でも取引することはできません。
(2)この憲法に別段の定めがある場合を除き、2人の会員が個人として出席し、定足数を形成する。
(3)本規則において、「会員」とは、代理人として参加する者又は法人を代表する者又は
会員である有限責任組合を指す。
52.総会のために任命された時間から30分以内に定足数が存在しない
場合は、(a)会員の請求に基づいて会議が開催された場合、解散される。または
(B)他の場合には、同じ時間と場所で、又は別の次の週の同じ日に延期され、
昼と取締役が決定することができるように、別の時間と場所で。
53.総会の議長は、次のとおりである。
(a)取締役会が取締役会の議長を任命した場合、会長。または
(B)ここで、 –
(ⅰ)取締役会の会長は、総会の議長としての役割を果たすために不本意です。
(ii)会長は、その開催のために任命された時間の後15分以内に存在しない。
総会; または
(ⅲ)取締役会は、取締役の中で委員長を任命していない
メンバーは、総会の議長であることの目的のために本メンバーによって選出されました。
54.(1)議長は、定足数が存在する総会の同意を得て、総会がそのように
指示された場合は、時折、場所ごとに総会を延期することができる。
23のページ10は、
(2)いいえビジネスはビジネスが一般的で未完成のままに以外の任意の閉会総会で取引されるべきでない
(この規則の元総会で呼ばれる)延期が発生したから会議。
(3)
延期された会議は、元の総会の日から30日を超えて開催される場合を除いて、延期された会議又は取引される事業の通知を行う必要はない。
55 .-(1)任意の一般的な会議では、会議の投票にかけ解像度は挙手に決定しなければならない
の世論調査は、(前または挙手の結果の宣言に)でない限り、要求-
(a)議長によって
(b)人または代理人によって出席した少なくとも3人の会員
(c)
会議に出席するすべての加盟国の議決権の総数の5%以上を代表する者(代理人または代理人)または
(d)会合で投票権を与える会社の株式を保有するメンバー
が、総額が支払われた
株式の総額の5%以上を支払った株式そうです。
(2)投票が要求されない限り、議長の決議は、手のショーが
満場一致で運ばれたか、特定の過半数または失われたと宣言し、
議事録を含む本にその旨を記入する会社の手続の中
で、決議に賛成または反対に記録された投票の数または割合の証拠がないという事実の決定的な証拠である。
(3)投票の要求を取り消すことができる。
56.-(1)(2)を条件として、投票が要求された
場合、それは会長が指示するように、そのようなやり方で、あるいは間隔や休憩などの後に取られなければならない。
(2)議長の選挙や延期の問題について要求される世論調査は直ちに行わなければならない。
(3)投票の結果は、投票が要求された会議の解決である。
57.手のショーであろうと投票であろうと、手のショーが開催さ
れる会議の議長、または投票が要求される会議の議長は、平等の場合、第2回投票または投票。
58.-(1)株式の種類または種類に付随する権利または制限を条件として、
会員または会員クラスの集会の場合、投票権を有する各会員は、个人、代理人、または
弁護士によって投票することができる。
(2)手渡しで、現に在籍している会員のすべての会員または代表者は、1つの投票権を有する。
(3)投票では、個人または代理人によって、または弁護士または正式に承認された代理人によって出席したすべての会員
は、会員が保有する各株式につき1つの投票権を有する。
59.(1)共同保有者の場合、投票を行う上級者の投票
は、他の共同保有者の投票を除外して、傍受されても、代理人であっても受け入れられる。
23頁11
段落の目的のために(2)(1)、年功を名前に立った順序によって決定される
メンバーの電子レジスター。
60.知的
能力に関する法律の下で精神的に不調であるか、または人または財産が何らかの方法で対処される可能性があるメンバーは、手にしているか投票であろうと、適切
に会員の財産の管理、およびそのような者は代理人または弁護士によって投票することができます。
61.会員は
、会社の株式に関して会員が現在支払っているすべての通話やその他の金額が支払われていない限り、総会で投票する権利はありません。
62.-(1)
投票に反対した会議または休会の会議を除いて、投票者の資格に関して異議を唱えることはできない。
(2)期限内になされた異議は、決定が最終的かつ
決定的な会議の議長に提出されなければならない。
(3)会議で許可されない投票は、すべての目的に有効です。
(1)代理人を任命する証書は、共通または通常の形で書面でなければならず、かつ、
(a)提出者が印鑑または
役員の手下または法人または有限責任組合である場合、弁護士は正当な権限を有する。または
(B)他の場合には、任命権者の手下または正式に許可任命権者の代理人の
書き込み。
(2)代理人は会社のメンバーである必要はありませんが、会社のメンバーである必要はありません。
(3)代理人を指定する証書は、投票を要求する際に要求または参加する権限を与えるものとして扱われる。 代理人を任命する
証書
は、以下の形式または取締役会が承認する可能性のある他の形式にすることができる。
「I / We *、[name (住所)の
[名前]を指定するか、[住所]の[名前]を指定しないで、私の/
場合によっては、会社の総会で、私の/私たちのために私/私*に投票する私たちの代理人、
[日付]に開催される、そして会議のいかなる閉会でも。
署名された[日付]。
このフォームは、解決のために使用されます。
*適用されないものを削除してください。[別段の指示がない限り、代理人は彼の意見通りに投票することができます。
65 .-(1)以下の文書は、あるいは、そのような他の会社の登録事務所で堆積しなければならない
段落に指定された時間によって、会議を招集通知に指定されているようシンガポールの場所(2)のために
任命することを目的プロキシ:
ページ23の12
(a)の代理を任命楽器;
(b)委任状を指定
する証書に署名する弁護士またはその他の権限(ある場合)、またはその委任状または権限の公証されたコピー。
(2)(1)の目的のためには、時間は –
(a)投票の場合は、投票のために任命された時間の24時間前以上でなければならない。あるいは
(b)は、他の場合ではなく、72時間未満での会議やミーティング休会保持するための時間を前に
、機器に指定された人が投票することを提案しているが。
(3)(1)項が遵守されていない場合、委任状は有効ではない。
66 .-(1)項に従うことを条件としては、(2)、プロキシまたは弁護士の計器の条件に従って与えられた票は、
にもかかわらず有効である-
(a)の前の死亡または元本の精神障害;
(b)当該訴訟手続が執行された当該訴訟手続の取消し。または
(c)の器具が与えられるに関して株式の移転。
(2)パラグラフ(1)は、死、精神障害、取り消し、または転送の書面で通告があれば適用されない
、会議の開始前に登録事務所で会社によって受信または延期された
機器があるの会議を中古。
監督:予定など
67 .-(1)会社の最初の年次総会では、すべての取締役が退任しなければなりません。
(2)会社の第1回定時株主総会後の年次総会において
、当分の間、取締役の3分の1 、または3人の人数または3人の人数の3人の人数でない場合は、第三に、
退職する必要があります。
68.引退する役員は再選の対象となる。
毎年で引退する69.取締役は、彼らの最後の選挙以来、オフィスで最も長くなっている人たちでなければならない、
しかし、同じ日に取締役になった人の間のように、これらの(彼らが別段の合意をしない限り絶対必要を引退することを
自分たちの中では)決定されますロットによって。
(1)取締役が退任する会合の会社は、退去した事務所
を満たす人を選出することにより、退去した事務所に記入することができる。
(2)休職した事務所を補充しない場合は、
再選任のために法律で失効しない場合は、取締役を就任させ、再選とみなし、 –
(a)その会議において、退去した事務所を記入しないことが明示的に決議されている場合を除き、または
(b)その取締役の再選の決議は、その会合に置かれ、失われる。
23ページ13
71.会社かもしれない時から総会の増加で可決されたか、減らす普通決議により、時間に対して
取締役の数を、また、増加または減少数は外に行くことが何であるかをローテーションで決定することができる
オフィス。
72.-(1)取締役はいつでも、時には、随時、
空席を埋めるために、または既存の取締役に加えて取締役になる人を任命する権限を有するが、取締役の総数
この憲法に従って定められた数をいつでも超えてはならない。
(2)(1)に基づいて任命された取締役は、次回の年次総会までのみ事務局を務め、
再選の資格を有する。
(3)(1)に基づいて任命された取締役
は、次回の年次総会において取締役を退任する取締役を決定する際に考慮してはならない。
(1)会社は、通常の決議により、任期満了前に取締役を解任することができ、取締役の取締役に
代わって通常の決議により他の者を任命することができる。
(2)削除された取締役の代わりに任命された者は、
人が任命された
所長が最後に取締役に選出された日に取締役になった。
74.(1)取締役の報酬は、時折、
総会において会社によって決定される。
(2)取締役の報酬は、毎日発生するものとして扱われる。
(3)取締役
は、取締役会または取締役会または総会の委員会に出席したり、または取締役会または取締役会
の業務に関連して出席したり帰ったりする際に、適切に旅行、ホテルおよびその他の費用を支払うことができます。会社。
75.取締役の株式保有資格は、総会において当社が定めることができる。
76.取締役は、
(a)法律により取締役を辞任した場合、取締役は空になる。
(b)倒産するか、または債権者との手配を一般的に行う。
(c)法律に基づく命令のために取締役であることが禁止されること。
( i)第148条、第149条、第149条、第154条、および第135条に基づき、
取締役としての任命の取り消しまたは取消しにより
、 155,155A、155Cのいずれかに該当する。
(ii)銀行法(Cap。19)のセクション50または54。
(iii)金融会社法(Cap。108)のセクション47。
(iv)金融アドバイザー法(Cap。110)のセクション57。
(v)保険法第142条第31項、第31A条、第35条または第41条(2)(a)(ii)。
23の14ページ
(私たち)シンガポール法の通貨庁(キャップ186。)のセクション30AAI。
(vii)貨幣交換および送金業務法(Cap.187)のセクション12A。
(viii)支払いシステム(監督)法(Cap.222A)の第22条。
(ix)証券先物法(上限289)のセクション44,46Z、81P、81ZJ、97または292A。または
(X)信託会社法のセクション14(キャップ336)。
(e)有価証券および先物取引
(商業上のライセンスおよび行動)規則(Cap.289、Rg10)で定義されている登録基金管理会社の取締役である場合、登録者
ファンドマネジメントカンパニーは、これらの規程に従って取締役を務める。
(f)精神障害になり
、精神的能力に関する法律の下で、自分またはその職務または人または財産が何らかの方法で対処される可能性のある者を管理することができない。
(g)法第145条に従うことを条件として、会社に書面で通知して辞任する。
(h)6ヶ月以上にわたり、
その期間中開催された取締役の会議から取締役の許可なく欠席する。
(i)総会における同社の同意なしに、会社
の経営者またはマネージャーを除き、当社の他の利益を有する。または
(j)会社との契約または提案された契約に直接的または間接的に関心があり
、法律で要求される方法に対する関心の性質を宣言していない。
取締役の権限および義務
77.(1)会社の事業は、取締役の指示または監督により管理される。
(2)取締役は、法律または本憲法
が会社に総会で義務付ける権限を除いて、会社のすべての権限を行使することができる。
78.取締役は、規則77の一般性を制限することなく
、会社または第三者の債務、債務または義務について、以下のすべてまたはいずれかを行うために会社のすべての権限を行使することができます。
(a) ;
(b)住宅ローン、またはその事業、不動産、未所得の資本、または事業の一部、不動産
および未所得の資本を請求する。
(c)債券やその他の証券を完全に発行するか、証券として発行するか。
79.取締役は、
シンガポール以外の場所で保管されている債券保有者の支店登録簿と関連して、シンガポールの外で使用するための公印に関連して会社のすべての権限を行使することができる。
(1)取締役は、委任状により、会社、会社、有限責任
組合、または取締役により直接または間接に指名された者を弁護士に任命することができる

この憲法の下で取締役に付与または権利行使される者を超えないもの)および
取締役が適切と考える一定の条件に従うことを条件として、会社の役職員、弁護士または弁護士との間で締結される。
ページ15の23
(2)項に基づき付与された弁護士の任意の力(1)保護とに関する規定含まれていてもよい
取締役が適切と考えると、またして弁護士を許可することができるよう弁護士を扱う者の利便性を
権力の全部またはいずれかを委任する、当局、および裁量権を有する。
すべての小切手、約束手形、草案、手形、その他の譲渡可能な証書、ならびにすべての領収書
場合
によっては2名の取締役、または取締役が時折決定するその他の方法によって、署名、引受、承諾、承認、またはその他の方法で実行する必要があります。
82 – (1)取締役は、次の事項すべてを議事録する必要がある。
(a)会社の業務管理に従事する役員のすべての任命。
(b)会社および取締役のすべての会議に出席する取締役の氏名
(c)会社および取締役のすべての会議におけるすべての手続。
(2)(1)に記載
された議事録は、手続が開催された会長または次回の会合の議長によって署名されなければならない。
取締役会議事録
83.-(1)取締役は、業務遂行のために
会合し、会合を延期し、そうでなければ合理化を図ることができる。
(2)取締役は、いつでも取締役会を招集することができる。
(3)幹事は、取締役の請求により、取締役会を招集しなければならない。
84.-(1)この憲法を条件として、取締役会で発生する質問は過半数
の賛成投票により決定されなければならず、過半数の取締役による決定は、すべての目的で取締役の決定として扱われる。
(2)投票の平等の場合、会長は第2投票または投票を行う。
85 – (1)取締役は、会社との取引や提案された取引に関して投票してはならない
取締役は、かかる取引または提案された取引から生じるいかなる事項に関しても、関心がある。
(2)(1)で言及
された取締役が、その段落で言及された取引または提案された取引に関して投票した場合、取締役の投票は数えられてはならない。
86.取締役の業務の遂行に必要な定足数は、取締役が 定めることができ、それが固定されている場合を
除き、
2。87 – (1)(2)を条件として、取締役は、体。
(2)取締役の数が、本
定款により取締役の定足数として定められた数を下回った場合、取締役または取締役のうち、継続する取締役または取締役は、
その番号への取締役の数、または会社の総会を呼び出すためのものです。
88.(1)取締役は、会長を選任し、会長が就任する期間を決定
することができる。
23の16ページには、
(2)は、会長が選出されていない場合、または任意の会議で委員長が時間後に10分内に存在しない場合は
、会議を保持するために任命され、現在の取締役は会長であることを彼らのうちの一つを選択することができ
、会議。
89.-(1)取締役は
、取締役が適切と考えるように、取締役の権限を、取締役会のメンバーまたは取締役で構成された委員会に委任することができる。
(2)委任された権限を行使する際に、(1)に基づいて作成された委員会
は、取締役によって課される可能性のある規則に準拠するものとする。
90.-(1)委員会は、会合の議長を選任することができる。
(2)議長が選出されない場合、または議長を
任命された時間の10分後に議長が存在しない場合、出席者はその議長の1人を選出することができる

91.-(1)委員会は、適切と考えるように会合し、延期することができる。
(2)会議で発生する質問は、存在する会員の過半数の票により決定されなければならず
、委員会の投票が平等である場合、議長は第2投票または投票を行う。
92.取締役または取締役会または
取締役として働く者のいずれかによって行われたすべての行為は、そのような者が正式に任命され、
その後であっても取締役になる資格がある場合のように有効である-
(a)取締役または取締役を務める者の任命に何らかの欠陥があったこと。または
(b)の取締役または取締役またはそれらのいずれかとして働く者は失格とされました。
93.-(1)取締役
会の通知を受ける権利を有するすべての取締役が署名した書面による決議は、正当に召集された取締役会において合格した場合と同じく有効かつ効果的である
保持される。
(2)(1)に基づく書面での決議は、それぞれが
1人以上の取締役によって署名された同様の形式の複数の書類からなることができる。
94.会社に取締役が1人しかいない場合、取締役はそれを
記録して記録に署名することにより解決することができる。
取締役の管理
95.-(1)取締役は、時折、取締役会の事務所の1つまたは複数の取締役を
、その期間および必要と思われる条件で任命し、締結された合意の条件いかなる
特定の場合においても、そのような任命を取り消すことができる。
(2)(1)に基づいて任命された取締役は、専務理事を
取締役退任の決定に際して考慮されるべきであるが、取締役の
任命は、取締役になる原因がなくなるかどうかを自動的に決定する。
17 23のページ
管理ディレクターは、いかなる契約の条項に従うが、任意の特定の場合には締結し、受信することができる96
の取締役として、以下の方法のうちの1つ以上によって報酬を決定することができる:
(a)に給与。
(b)手数料
(c)利益への参加。
97.取締役は、取締役の
任期を委任することができ、また、取締役は、かかる条件および条件に合致し、かつ、
自らの権限を排除し、時にはそれらの権限のすべてまたはいずれかを取り消し、撤回し、変更し、または変更することができる。
代理取締役および代理取締役
98.-(1)取締役(この規則では取締役と呼ばれる)は、取締役会の承認を得て
、会社のメンバーであろうとなかろうと、
appointerが合っていると思っている間、appointerの場所の任意の期間代理ディレクターを代理してください。
(2)代理または代理取締役として就任した者は、取締役会に通知し、取締役会
に出席し、議決権を行使することができ
ます。
(3)代理または代理の取締役 –
(a)任命のための資格を得るために株式を保有する必要はない。そして、
任命権者が取締役に就任し返上やオフィスから任命を削除した場合(b)にオフィスを退去しなければなりません。
(4)本規則に基づく
任命又は撤回は、任命又は取消しを行う取締役の手続きによる書面による通知によって行わなければならない。 仲間
取締役
99.-(1)取締役は、随時、関連取締役となる者を任命することができ、
その任命を随時取り消すことができる。
(2)取締役は、
関連取締役に任命された者の権限、義務および報酬を修正、決定および変更することができる。
(3)仲間取締役に任命された者 –
(a)任命のための資格を得るために株式を保有する必要はない。および
(b)の招待者以外とで取締役のいずれかの会合で任意の参加する権利や投票を持たない
取締役の同意。
秘書
100 .-(1)秘書は、任期、
報酬、および理事が適切と考えるあらゆる条件のために、法律に従って取締役によって任命されなければならない。
(2)(1)に基づいて任命された秘書は、取締役によって削除することができる。
Page 18 of 23
シール
101.-(1)取締役は、シールの安全な保管を提供しなければならない。
(2)シールは、取締役または取締役の委員会が承認する取締役の権限によってのみ使用されなければならない
取締役はシールを使用する。
(3)シールが貼付されたすべての器具は、ディレクタによって署名されなければならないとによって副署しなければならない
秘書または第二の監督又は副署のために監督が任命他人によって
シールが貼付された器具を。
財務諸表
102 .-(1)取締役は、
(a)適切な会計およびその他の記録を保持させること。
(b)法律で要求される財務諸表およびその他の文書のコピーを配布する。および
(c)のかどうか、どの程度まで、どのような時間と場所で、どのような条件や規則は下の決定
会社の会計およびその他のレコードは取締役でないメンバーの閲覧に供されています。
(2)会員(取締役ではない)は
、法令により与えられたものを除いて、または取締役または総会における会社によって承認された場合を除き、会社の口座または本または紙を検査する権利を有しない。
配当および準備金
103.総会の会社は配当を宣言することができるが、宣言された配当
は取締役の推薦額を超えてはならない。
取締役
は、会社の利益によって正当化されると見なされるような中間配当をメンバーに随時支払うことがあります。
105.配当は、
(a)利益外ではなく支払われること。または
(b)会社に対する利息。
106 – (1)取締役は、配当を勧告する前に、
(a)会社の利益から除外された金額は、積立金として適切だと考えられる額の合計。あるいは
(b)は、彼らが準備金に利益をかけることなく、分割しないように賢明だと思うかもしれない利益を前方に運びます。
(2)(1)(a) –
(a)に定める引当金は、取締役の裁量により、会社の利益
が適切に適用される目的のために適用される。
(b)(a)に基づく申請がなされている場合、および(a)の取締役の裁量
により、会社の事業に雇用されている場合、または取締役
が以下のいずれかの投資に投資する場合。時々思考に合っている。
19/23ページ
107.-(1)配当に関する特別の権利を有する権利を有する者の権利を条件として、すべての配当
は、支払われた金額または支払われた金額を参照して宣言し、支払わなければならない
配当が支払われます。
(2)(1)の目的上、コールに先立って株式に支払われた金額は
、本規則の目的上、株式に支払われるものとして扱われるものではありません。
(3)すべて
の配当は、配当が支払われる期間のいずれかの期間または一部において株式に支払われた金額に応じて按分して支払わなければならない。
(4)特定の日からの配当のランク付けを条件とする条件付株式が発行された場合、当該株式はランク付けされる
それに応じて配当。
108.取締役は、メンバーの支払金額(もしあれば)を、現時点
では会社の株式に関連して通話のために会社に支払うことができる。
109.-(1)配当または賞与を宣言する総会は、決議により、配当
または賞与の全額または一部を、
(a)他の会社の払込済株式を含む特定資産の分配により直接支払うことができる。
(b)他の会社の社債または社債。または
(c)の任意の特定の資産の任意の組み合わせ、
およびディレクターは、解像度に影響を与えなければなりません。
(2)第(1)項に規定する流通に関して何らかの困難が生じた場合、取締役は
以下のすべてまたはいずれかを行うことができる

(b)特定資産または特定資産の一部の分配のための価値を固定する。
(c)
すべての当事者の権利を調整するために、取締役が定める価値に基づいて、いずれのメンバーにも現金支払いを行うことを決定する。
(d)取締役に有利と思われるように、特定の資産を受託者に確定させる。
110 .-(1)株式に関していかなる配当、関心、または現金で支払われる他のお金が小切手または負担することができる
ポストを介して送信されたワラント向け-
(A)共同保有者の場合には-
(i)
メンバーの電子登録簿に最初に命名された共同保有者の登録住所。又は
(ii)の人に又は共同保有者のアドレスにしてもよい直接書き込むことで、または
(B)以外の場合に-
ホルダーの登録アドレスに対して(I)または
(ⅱ)人またはホルダーとしてアドレスへの直接書き込みを可能に。
23ページ20
(2)項の下で作られたすべてのチェックや令状が、(1)人に一人のために支払わなされなければならない
、それが送信されます。
(3)2名以上の共同保有者のいずれか
が、共同保有者として保有する株式に関して、配当、賞与、またはその他の金銭の支払を実効的に行うことができる。
利益の資産化
111.-(1)総会の会社は、取締役の勧告により、
当会社の準備勘定のいずれかの
信用状態にある当期の金額の一部、または利益の貸方損害勘定またはその他の方法で配布することができます。
(2)金額は、(1)がいるだろうメンバーの間で分配するために自由に設定されている段落の下で資産計上
それが配当の方法により及び対象と同じ割合で配布されていた金額に対する権利をされて
、以下の条件
(A)資本金を現金で支払うことはできません。
(b)資本化額は、以下のいずれかまたは両方に適用されなければならない。
(i)各会員が保有する株式に未払いの金額を払うこと。
(ii)会社の完全な未発行株式または社債を
、同じ割合でそのようなメンバーの間で完全に払い戻され、配分され、信用されるように払い込むこと。
(1)規則111(1)に基づく決議が成立したときはいつでも、取締役は以下のことを行わなければならない。
(a)分割された利益のすべての控除および適用を決議により資産化すること

(b)全ての配当及び発行済株式又は発行済社債の発行を行う。および
(c)の解像度に影響を与えるために必要なすべての行為や物事を行います。
(2)取締役は、
(a)分数
で発行可能な株式または社債の場合に適していると考えられる分数証明書の発行または現金またはその他の支払いによる引当を行う。および
(b)の合意に分配を受ける権利がすべてのメンバーを代表して入力するすべての人認可
-提供会社との
任意の更なる株式またはの完全払込としてクレジットそれぞれ(i)をメンバーに配分するために、
社債を資本化の権利を得ることができる。または
(ii) 資本化すること

決議した利益のそれぞれの割合を適用することにより、既存の株式に未払いの金額の一部または全額を会員が代理して会社が支払う場合、
そのような権限のもとで行われた合意は、配布を受けることができるすべてのメンバーに有効かつ拘束力があります。
特記事項の
ページ21の23
113 .-(1)通知が任意のメンバーのいずれか個人的にまたはに郵便でそれを送信することによって、会社によって与えられる
メンバー-
(a)に会員登録したアドレスに、または
メンバーがシンガポールには登録されたアドレスを持っていない場合(B)、アドレスに、もしあれば、シンガポールによって供給
部材へ通知の与える会社にメンバー。
(2)告知が郵便で送られる場合、
その告知を含む手紙を適切に提出し、前払いし、郵送することにより、告知の送達が行われる。
(3)告知が郵便で送られる場合、告知の送達は有効とみなされる –
(a)告知の場合は、郵送日の翌日に、及び
(b)は、他の場合には、文字がポストの通常の過程で配信されることになるた時点で。
114.-(1)通知は、電子的手段により通知または送付
することができ、一般的または具体的に通知を電子的手段によって行うことができ、その合意を取り消さなかったことを一般にまたは同意したメンバーに通知することができる。
(2)電子的手段により通知が行われた場合、通知の送達は
、会員が一般目的または特定目的のために指定した住所に送付または提供することにより、適切に処理される。
115.共同保有者に通知することにより、会社は共有者に通知することができる
共有の点で会員の電子登録簿に最初に命名された。
116 – (1)
メンバーが死亡または破産した結果、株主の権利を有する者に通知することができるのは、
(a)名;
(b)故人の代表者、または破産者の譲受人の名称。または
(c)のいずれかのような記述。
(2)(1)で言及された告知
は、(a)シンガポールにおいて、その権利を主張する者によって目的のために供給された住所であれば、または
シンガポールにはアドレスが供給されていない場合(b)に示すように、任意の方法で通知することによりたかもしれないと気付きます
死亡または倒産が発生していない場合に与えられています。
117 .-(1)すべての総会の通知が113〜116の規制で認可任意の方法で与えられなければならない

(a)は、すべての部材と
(b)死亡または破産のため
に、会議の通知を受ける権利を有するメンバーの死亡または破産の結果として株式を受ける権利を有するすべての人。および
(c)は、企業の当面監査役。
(2)他の誰も総会の通知を受ける権利がありません。
巻き上げ
23ページ22を
118 .-(1)企業が巻き取られている場合、清算でき、特別な解像度の制裁と
企業-
(a)同種の財産であるか否かにかかわらず、会社の資産の全部または一部を
種類の異なるメンバーの間で分ける。
(b)清算人が小節(a)で言及された財産について公正であると考えるような価値を設定する。
(c)メンバーまたは異なるクラスの
メンバーの間で、どのように財産の分割を実施するかを決定する。そして、
(d)の全部またはの利益のために、このような時に信託受託者で、会社の資産の一部に権利確定
清算が適切と考えるとして出資者を。
(2)いかなる責任も負わない株式またはその他の証券を受諾することを強制されない。
損害賠償
119.会社のすべての役員は、会社の資産から、
(a)(a)または(b)に記載されている負債以外の債務に対して、
過失、不履行、義務違反または
信頼違反に関連して、会社以外の者が役員に付随すること。
120.すべての監査人は
、民事または刑事訴訟を擁護する審査員の負傷に対して、会社の資産から補償されるべきであり、審査員の判断で判断が下された
場合、または審査員が無罪となった場合、救済が認められている法律に基づく申請との関連
怠慢、債務不履行、義務違反または信頼違反に関して裁判所による監査人。

298,000円の超豪華特典と5,000円相当を
お受け取りください!

100万人以上ダウンロードしたプラストークンウォレット

導入
して超豪華特典もらっちゃおう!  (無料ダウンロード)

 

今すぐ下のリンクをタップしてご確認ください!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

プラストークン会社住所・取引所住所・社員数・サーバー設置場所