PLUS TOKENアメリカ基金ALIKがニューヨークワールドブロックチェーン大会に出席し、東南アジア初の STO 取引所の成立を宣言した

PLUS TOKENアメリカ基金ALIKがニューヨークワールドブロックチェーン大会に出席し、東南アジア初の STO 取引所の成立を宣言したという記事があがっているので色々とリサーチしていきます。

早速こちらからチェック

https://www.jiji.com/jc/article?k=20181115006136&g=bw

 

時事通信社は大手ですね。

https://www.jiji.com/jinji/index.html

続いてこちら

Stocks Press Release PLUS TOKENアメリカ基金ALIKがニューヨークワールドブロックチェーン大会

続いてこちら

https://www.zaikei.co.jp/releases/716075/

こちらがメインみたいですね。

BUSINESS WIRE メイン記事

過去にもPlus Token記事を書いているか調べます。

https://www.businesswire.com/portal/site/home/search/?searchType=all&searchTerm=PLUS%20TOKEN&searchPage=1

英語と日本語記事両方だしています。

ありましたね。

過去に書いた記事です。

写真はイメージでとらえるべきですね。
色々なセミナーや講演会で撮影したものを組み合わせていると思います。

NEW YORK–(BUSINESS WIRE)– (ビジネスワイヤ)– PLUS TOKENが相前後して中国香港、韓国済州島、スイスジュネーブ、アメリカハーバード大学で技術検討、交流を行った後、約束のように(WBF)ワールドブロックチェーンサミット-ニューヨーク駅に到着した。多くのブロックチェーン創業者、ウォール街のエリートたちと共同で各国の監督・管理政策、異なる地区のブロックチェーンの発展現状、将来のブロックチェーンの発展方向など問題を検討し、特に今に話題になったSTOを検討し、どのように効率的にSTOを運用してブロックチェーン創業者にサービスし、よりよく価値を創造するかを検討するのはPLUS TOKENが今回にアメリカに行く目的である。

 

PLUS TOKENが相前後して中国香港、韓国済州島、スイスジュネーブ、アメリカハーバード大学で技術検討、交流を行った後、約束のように(WBF)ワールドブロックチェーンサミット-ニューヨーク駅に到着した。

多くのブロックチェーン創業者、ウォール街のエリートたちと共同で各国の監督・管理政策、異なる地区のブロックチェーンの発展現状、将来のブロックチェーンの発展方向など問題を検討し、特に今に話題になったSTOを検討し、どのように効率的にSTOを運用してブロックチェーン創業者にサービスし、よりよく価値を創造するかを検討するのはPLUS TOKENが今回にアメリカに行く目的である。

STOとは、何であるか?STOのフルネームはSecurity Token Offeringであり、つまり証券型トークン発行であり、アメリカ証券監督管理委員会(SEC)は暗号化された通貨を二種類に分け、つまりユーティリティトークン(Utility Token)と証券型トークン(Security Token)であり、STOは第二種類に属する。

STO は通常、地元の関連機構の監督管理と保護を受ける必要があり、発行機構は法律・法規の制約を受け、関連するトークンは証券監督管理委員会に登録する必要があり、証券法の様々な規定を遵守しなければならなく、投資家にある程度の保障を提供した。

PLUS TOKENはずっと前からそれに注目していた。では、STOをよくできるために、PLUS TOKENが何をしたか?

製品におき、PLUS TOKENが全面的な転換とアップグレードを開始し、STOを導入し、プラットフォームを通じて安定した名目貨幣を発行し、導き、規範化し、全世界の優秀なブロック・チェーン・プロジェクトを助けて融資し、取引の属性を向上させ、貨幣と貨幣の取引区域で複数の取引対象を開通し、ユーザーのデジタル資産がPLUS TOKENで自由に流通でき、安定した名目貨幣のチャネルを貫通させ、デジタル通貨の取引を承認する国で法貨取引チャネルを開通し、一時的に唯一の法貨取引対象と決められ、プラットフォームの高級ユーザーが引受人になることを申請できる

レイアウトにおき、PLUS TOKENは韓国済州島、アメリカニューヨーク、シンガポールで地元政府と創業者と積極的に交流と協力を行い、業界の先進的な経験を絶えず勉強し、製品とサービスを改良している。

ライセンスにおき、金融分野の競争にとっては、ライセンスが非常に重要であり、それは地元で合法的にビジネスを行うことができるかどうかを決定する。

そのため、PLUS TOKENは各国の政策変化を非常に重視し、世界各国の政府とのコミュニケーションを積極的に維持している。

現在、PLUS TOKENはオーストラリア、シンガポールのSTO 取引所の許可を得た。その同時に、よりよく全世界でブロック・チェーン業務を展開するために、アメリカと積極的に交流している。

 

未来に、ブロック・チェーンの競争は製品とサービスの競争にとどまらなく、ユーザー、訪問量、技術、ライセンス、レイアウトの競争になる。PLUS TOKENは、ずっとユーザーの安心感、ユーザーの体験感、システムの流暢さを核心とする原則に従い、時代と共に変化することを堅持し、全世界へ発展している。

今回のサミットの重点はPLUS TOKENをアジア初の STO 取引所にし、PLUS TOKENをリードしてブロックチェーン2.0時代に入ることである。PLUS TOKENブロックチェーン2.0時代はきっと新しいスタートであり、より輝かしい未来である。

PLUS TOKENはオーストラリア、シンガポールのSTO 取引所の許可を得た・・・

と今回は言っていますが、前みたいに誤報とはなりたくないのでそのまま記事を掲載しました。

ICOとSTOとの違いは?

ICO=はInitial Coin Offerings(イニシャルコインオファリング)

・Initial=イニシャル
・Coin=コイン
・Offerings=オファーリング

仮想通貨やプラットフォーム開発に投資すること。新規上場コイン。
開発資金調達するために盛んにICOがされます。

STOとは何でしょうか?

STO=はSecurity Token Offering(セキュリティトークンオファリング)

・Securities=証券
・Tokens=トークン
・Offering=発行

つまり証券型トークン発行のことです。

アメリカ証券監督管理委員会(SEC)は暗号化された通貨を二種類に分け、
つまりユーティリティトークン(Utility Token)BTC/ETH/BCH/XRP等
と証券型トークン(Security Token)地元の関連機構の監督管理と保護を受ける必要があり、発行機構は法律・法規の制約を受け、関連するトークンは証券監督管理委員会に登録する必要があり、きわめて厳しい審査のうえ発行されるトークンで、STOは第二種類に分類されます。

投資する側からすれば、規制が厳しいため詐欺などに引っかかる可能性は低くなり、Plus Token財団の成長に合わせて長期的に投資に対してリターンが得られます。

PLUS TOKENをアジア初の STO 取引所にし、PLUS TOKENをリードしてブロックチェーン2.0時代に入るのだといっています。

 

Plus Token Walletはオールインワンの複合財布を目指して3.0バージョンには最強の決済財布になる。

実質2018年5月から約6ヶ月が経ち、プラストークン財団の活動を見てみると、最終的には一人ひとりが正規のウォレットを持ち、利益を得ながら長期的に決済財布として毎日利用しながら安定した取引所手数料が目的だと思う。

日本国内でもテスト的にプラストークン決済を導入しています。

また、Ai-Dogアービトラージも規制がかかり、大口ではなく多くの人たちにできるだけ利用してもらい、世界中でプラストークン決済、取引をしてもらいたいということがわかります。

2020年マイニングも始まり多くの方にも利用してもらいたいので、ハードルを下げて長期的安定した資産を得られるように考えています。

株を購入するよりもSTOを購入したほうが将来安泰?

仮にプラストークンがアジア初のSTO取引所になったら、プラストークンを欲しい方が増えるかもしれません。
現在発行枚数からすると1億ちょっとしかありませんから、マイニング用の3億枚にも担保分散するかもしれません。
それにより、プラストークン財団の資産価値は1兆円を超えるかもしれません。

プラストークン今後の展開が楽しみです。

 

登録マニュアル日本語版・英語版・
中国版・韓国版をお受け取りください!

100万人以上ダウンロードしたプラストークンウォレット

導入
して超豪華特典もらっちゃおう!  (無料ダウンロード)

登録マニュアル日本語版・英語版・中国版・韓国版のほかにプレゼン資料もご覧ください。

 

今すぐ下のリンクをタップしてご確認ください!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Plus Token アライアンス年次祝賀コンサート11月23日・24日 IN海...

WBF世界ブロックチェーンフォーラム 深セン2019 マルコポーロ深セン 20...

Plus Token イベントコンサート11月23日・24日 IN中国海南島三亜...

世界デジタル経済フォーラム2018(スイス・ジュネーブ)の会議を受け、重要なスピ...

PLUS TOKENの共同設立者Leoは、国連世界デジタル経済フォーラムに出席し...

(PlusToken)シンガポールWBF STOデジタル通貨交換グランドオープン