プラストークンウォレット2.2バージョンアップで顔認証設定セキュリティー強化!豪華特典!

11月26日についに2.2バージョンアップがされました。

そこでプラストークン財団側からお知らせがありましたので、
それについてまとめていきたいと思います。

さらに、合計2.2バージョンアップ版マニュアルが80ページ

2.2バージョンのプラストークンウォレット大百科245ページもあります。

2.2バージョンでかなり進化したウォレットになりました。

あまり一般公開したくない内容も含まれています。

なぜなら、3.0バージョンでプラストークンウォレットは完成形と言われています。

ですが、まだ2.2バージョンですからまだまだ不具合などがあると思います。

ですから今のタイミングは不具合やリスクを承知でビジネスをやる方が
プラストークン財団に関わるべきだと思います。

今回プラストークン財団のお知らせ内容の解説と
2.2バージョンの設定についてまとめていきます。

大変申し訳ありませんが、今後はあまり情報を一般公開するのを控えます。

先程もお伝えしましたが、3.0バージョンまでは色々不具合などがあり、
また、水面下でウォレット機能強化をしています。
それで3.0バージョンまでにビジネスメンバーだけで、
日本はもちろん、世界でPlus Pay決済ができるように
水面下のクローズで作り上げていきたいと思います。

ですから、今後は貴重な情報などはプラトメンバーだけに公開するようにします。

1、2.2バージョンは、11月26日17:15にオープンする

11月26日夜に2.2バージョンアップが自動で移行されるように表示されました。

そしてウォレット内のQRコードも2.2に変更されました。

2.1バージョンのままだと送金ができなくなるので2.2バージョンアップするしかないですが、顔認証をして本人確認が取れなければ送金もできません。

今回のために2.2バージョンアップ編80ページマニュアルと、
2.2バージョンプラストークンウォレット大百科245ページをご用意しました。

そちらでじっくり見てバージョンアップしてください。

2、今回のバージョンで更新になる内容が多くて、すべてのスマホで互換性を持つわけではないため、元のappをアンインストールすることをお勧めする

すべてのスマホで互換性を持つわけではないと書いてあるとおり、2.1バージョンではSMS認証が届かない方もいるようです。
また、古い携帯電話のSMS認証を使っていたのに、新しい携帯電話を購入して引継ぎをしないで古い携帯電話を破棄してSMS認証が届かない方もいました。
ウォレットは自分で管理するものですから、SMSは2段階認証みたいなものです。
他人ではなく、本人のウォレット確認するためのセキュリティー機能のひとつですから、それが届かなくなるというのは、ウォレットに入れないということになります。

自分の携帯電話ではなくアメリカの電話番号が貰える「Nextplus(ネクストプラス)」は「TextPlus(テキストプラス)」を利用してウォレットにログインできなくなって大切なウォレット資産を紛失している方も出ています。
1週間利用していなかったら自動使えなくなり、結局SMSが届かないというのは本人確定ができないということになるのでお勧めいたしません。
また、こういったSMSを利用して1人で複数個の携帯で利用している方もいますが、どんどん規制がかかり最終的に1人1アカウントになります。
その時にせっかくグループ構築できた端末が使えなくなりますので注意が必要です。

すでに2.1バージョンを利用している方は一度アプリを削除してから、2.2バージョンのアプリをインストールすることをお勧めいたします。
中途半端に登録すると一部正式にインストールできない場合があります。
2.2バージョンでは決済に必要なカメラ機能も使えますが、それが使えなかったり、
SMS認証が届かなかったり新機能の一部が不具合になる原因だと思います。

3、VIPとダイヤモンド向けの新政策は2.2バージョンオープン時より実施する。

今回の2.2バージョンにアップグレードすると色々な機能が実装されています。
その中でVIPマイニングマシーンはプラストークン10000枚、
ダイヤモンドマイニングマシーンはプラストークン5000枚が必要でしたが、
1プラストークン2000円以上になり、購入が難しいという声があったので
10000枚を10万ドル分のプラストークンに変更し、
5000枚を5万ドル分のプラストークンに変更しました。
ですから日本円でVIPマイニングマシーンは1120万円ぐらいで、
ダイヤモンドマイニングマシーンは560万円ぐらいになります。
どちらか購入すると1年間ロックがかかり、2020年からマイニング配当予定ですが、一部先にお支払いするという声も上がっています。

今回のAI-DOGに数千万円から数億円分の仮想通貨を入れて月利10%貰っていた方には全員返金して上限が全ての仮想通貨を足した500ドル~5万ドルまでになりました。
しかし、VIP、ダイヤモンドマイニングマシーンを購入した方にはAI-DOG上限が全部の仮想通貨を合わせて10万ドルまで運用可能になりました。
ですから数千万円運用していた方はほとんどが出た利益でマイニングマシーンを購入しているのです。
さらにVIPのマイニングマシーンを購入した方には送金手数料が半額になったり、報酬が貰える量が増えたり色々とメリットがあります。

4、プラットフォームの原則は、ユーザーとアドレスは一対一であるが、一部最初からのユーザー様に一人が多数個のアドレスを持つ現状を考慮して、一時的に、一つのユーザー様が該当する証書をもとに、アドレスを10個関連する可能にする。ユーザー様のウォレット振替において、実名認証での顔認証ができてから、取引プラットフォームで再認証する必要がなくなる。

アフィリエイト報酬目当てで1人で複数の端末登録している方もいます。
しかし中国では多くの方が規制が入り中にはアカウントが止められた方もいました。
今回いきなりメイン以外は使えないということはさすがにキツイという声が上がり、
一定期間だけ複数でも対応することになりましたが、後々KYC身分証明書や1人1アカウントが限定されてきます。
その時期ははっきりしていませんが、いきなり本人1アカウントだけで後は使えないとなっても大丈夫なように対応しておきましょう。
顔認証しないと中に有る仮想通貨は外部に出せませんのでご注意ください。

5、2.2バージョンのアンドロイド及びアップルのスマホシステムは、指紋ログインを支持する。

2.2バージョンアップすると顔認証以外にも指紋認証をしたほうがセキュリティー強化につながるといっています。
プラストークンウォレットは顔認証合わせると11階層に及ぶセキュリティー強化されているようなので自分の資産は自分で守ることをお勧めしています。

6、AI dogをオンにする累計市場価値が5万ドルを超えてはならない問題について、AI dogをオンにしてから、デジタルアセットの価格上昇に影響されて、停止することはない。

AI-DOGに入れる仮想通貨は最低500ドル、全部合わせても最高5万ドルまでしかできません。
例えば499ドルだと弾かれて最初から入れることができませんが、仮に510ドル入れて、仮想通貨が暴落して400ドルになってもそのままAI-DOGをストップしない限りそのレートで日利、月利が得られます。

例えば、ビットコイン2万ドル、イーサリアム2万ドル、リップル1万ドルを入れて、仮想通貨が上昇して合計金額が7万ドルになったとしてもそのまま停止しないで日利、月利が得られることになります。

7、グローバルで数十個の国と地区はplusTokenの生態コンセンサスを一致している。中にアジア太平洋地域のユーザー様増加スピードが明らかであるため、2.2バージョンは、アマゾン、アリクラウド等グローバルのサービス会社数社がノードを設置して、ユーザーセキュリティーとプラットフォームの流暢さを大きく高めている。

現在アジアがかなり伸びていてアマゾン、アリクラウドなどのシステム、プラットフォーム、セキュリティー強化をしています。
最終的に3.0バージョンになると、ブロックチェーンとデジタル融合のマルチカレンシーアセットウォレットが出来上がり、1つのウォレットで複数の収益が得られるメリット豊富なウォレットになる予定です。

8、2.2バージョンでオンラインにした「デジタルアセット融資」機能はテスト段階に入り、人対人の貸付信頼メカニズムの革命を一緒に目撃するようになる。

2.2バージョンで仮想通貨担保融資が行われる予定です。
これは、プラストークンの値上がりを予想してプラストークンを貸しつけし、プラストークンの価値をあげることが目的です。

例えば、1月に1プラストークン1000円のときに200プラストークンを貸付けしたとします。
金額では200プラストークンで20万円になります。
プラストークンは1人100プラストークンしか交換、購入ができないので200プラストークンと合わせて300プラストークンになります。
ウォレットに300プラストークンあれば、売買取引手数料が入ってくるので、その一部を返済する約束で貸し借りが成立します。

その時にウォレット内で貸し借りが成立するので本人のKYC情報や顔認証やその他信用問題にかかわる情報が強化されます。
また、1000円のときに200プラストークンを借りて、返済は毎月1割近くの25プラストークンを10ヶ月で返すという契約をしたとします。
最終的に10ヶ月経てば250プラストークンになる計算です。
借りた方はAI-DOGアービトラージや取引手数料やアフィリエイトやその他商品売買で有効利用して毎月25プラストークンを返していきます。
例えば、貸した時には1プラストークンが1000円だとして、10ヶ月後には1プラストークンが10000円になっていたらどうでしょうか?

このようにプラストークンは価値をあげるためにいろいろな工夫がされています。
中国はもちろん、フィリピンなどもプラストークン決済をしているところが出てきているようです。

日本国内でも沖縄から北海道までプラストークンPlus Pay決済できるお店やショップを開拓しています。

現在水面下で動いているのが、

1、沖縄から北海道までの47都道府県のオーナー様や店舗様や商品決済などに使いたい起業様(個人・法人)問わずを募っています。

2、完全クローズで店舗やお店情報を掲載してプラストークンで決済できる環境と作っています。

3、無料ウォレットを作り、最低1プラストークン持っている方限定にクローズショップを公開する形をとっています。

これから3.0バージョンまでは全国でプラストークンが利用できるお店を開拓しながら、無料ウォレットを作ってもらう事を優先にしていきます。

 

プラトグループ限定に2.2バージョンアップ版80ページマニュアルと2.2バージョンプラストークンウォレット大百科245ページをプレゼントします。

 

無料ウォレット開設後に無料プレゼントします。 こちらをタップして確認!

 

 

plusTokenチーム

登録マニュアル日本語版・英語版・
中国版・韓国版をお受け取りください!

100万人以上ダウンロードしたプラストークンウォレット

導入
して超豪華特典もらっちゃおう!  (無料ダウンロード)

登録マニュアル日本語版・英語版・中国版・韓国版のほかにプレゼン資料もご覧ください。

 

今すぐ下のリンクをタップしてご確認ください!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

プラストークン2.1バージョンと取引手数料について

【PLUS TOKEN】プラストークンの4つの機能、5つの主要な利点、6つのハイ...

2.2バージョン最新リンクと訂正(追加)顔認証身分証明証はパスポート・運転免許証...

【PLUS TOKEN】プラストークン自社取引所オープン(2.0バージョン)