(PlusToken)シンガポールWBF STOデジタル通貨交換グランドオープン

シンガポールWBF STOデジタル通貨交換グランドオープン

オリジナルはこちら

日本語に翻訳して掲載します。

2018年11月28日11:00に、シンガポールWBF STOデジタル通貨取引所の開会式がWBF Exchange Buildingで開催されました。WBFEXの創設者シェン趙、 PSTOデジタル為替、レオの頭部と同様に、シンガポールの弁護士会とシンガポール金融管理局から会計士のシンガポール協会と他のゲストが出席しました。

簡単なウォームアップの後、キャットライオンの入場公演、太鼓とダンス、お祝いシンガポールWBF STOデジタル為替開会式を追加します。

STO はデジタル金融の大きな時代を開く

盛趙がスピーチをWBFEXの創設者で述べている:「STOは、将来の発展のための大きな可能性を秘めている、資産(株式、債券、不動産、コモディティなど)を組み合わせた投資パターンの世界に革命をもたらすとしても場合にのみ、$ 400兆。ここで、カードの小さな部分は、マネー・マーケット・暗号化への資金の兆なり、渡す。私たちは信じている、STOは、金融の大量の時代を開き、市場レベルの成形兆数十の到着についてです!2019年、STOの発生の最初の年になります!我々は–STOの新しい叙事詩ブロック鎖の到来を告げるでしょう!

デジタル通貨の開発に注力し、技術的、専門的なマーケティングチームの強力な技術チームを構築し、「冬の終わりの前に、私達はちょうど春見て、待つ必要がデジタルやグローバルな資産を:株主代表Yuhuiファンは言った彼のスピーチに続い暗号グレーディングは巨大な潜在的な機会になります、これはブロック鎖であると着陸は実体経済と値がSTOすることにより、既存の資産の新しい領域の証明書によって行われた大恐慌の深さを可能にする本物の証明書を介して達成することができます。

STOのレイアウトをリードし、デジタル金融建設を促進する

その後、シーンはWBFEX開催とPstoデジタル為替戦略的協力調印式、WBFEX盛趙、創設者およびPstoデジタル為替、レオの頭部が式典に出席し、双方がグローバル・オペレーション、技術、市場、グローバルな流通、などの条件に達しました範囲内のリソース共有と深い協力。

この戦略的協力は、両国間の新しい戦略的パートナーシップを包括的に確立し、発展させることを目的としている。シンガポールWBF STOデジタル為替は、レイアウトSTOフィールドをリードし、資源と都市コミュニティプロジェクトリソースの品質の多くを運ぶ、大手テクノロジー株とPstoデジタル外貨両替、一緒に国内資源の分野をもたらし、為替のヘッドと協力が改善されますシンガポールWBF STO STOデジタル通貨の取引の生態建設の分野での配置と共同で、グローバリゼーション・Pstoデジタル為替のプロセスを促進し、「ウィンウィンの協力と共同開発、」目標を達成するために、産業チェーンブロックの健全な発展を促進します。

シンガポール初のデジタル通貨交換、WBF STOデジタル通貨交換

シンガポールWBF STOデジタル外貨両替、「世界クラスの資産取引ブロックチェーンアライアンス」の技術を作成するための構築に努め、多くのエキサイティングな報酬、トランザクションモードマイニング取引プラットフォーム、主要なレイアウトSTOフィールドを通じてユーザーコミュニティブロックチェーン資産の長期的な持続可能な発展を研究し、より安全で、より効率的で信頼性の高い取引プラットフォームを投資家提供し、無数の優れた投資家の選択となる優秀なテクニカルチームとプロフェッショナルなプロモーションチーム。

シンガポールWBF STO通貨交換は技術、権限のヒューマン・アセスメント認証を一致デジタルメモリを使用し、注文処理が160万単一/秒までの速度、高度なマルチレイヤ、マルチクラスタシステムアーキテクチャと、多層アーキテクチャ設計は劇的にシステムを改善パフォーマンス、セキュリティ、安定性、拡張性、スポット取引モードのサポート、レバレッジや先物のラインで、後者は、その上のBTC、ETH、LTC、WBFCとを含む複数の通貨取引をサポートしています。

今日、シンガポールWBF STOデジタル為替が正式に帆を設定し、STOブロックチェーン技術の開発を後押し、商用のブロック鎖のアプリケーションやサービスの進歩と発展を促進し、産業チェーンブロックの健全な発展を促進し、公共への新たな投資の選択肢そして引き続き懸命に努力し、「世界クラスのブロックチェーン資産取引の提携」の方向性を確立しようと努力しています!

ICOから有言実行でこなしているプラストークン財団は本物だと認めざる負えない

こちらの9月14日、15日に行われたWBFブロックチェーン大会をプラストークン財団が主催して一気に加速したけどこれで1000万人のAI-DOGは見えてきた。

①プラスATMは、中国市場に1000単位、特定の要件と他のプラットフォームの通知を開発して入れている。

予定では2018年末ごろにお目にかかれるだろう。

②9月には、Plus Token Exchangeが稼働します。乞うご期待。

これにより、イーサリアム以外でも交換できるだろう。

③WBFのプラストークン。グローバル発進式と米国3人の資本投資家がトークン参加。

capital首都圏は以下の通りです

米国シリコンバレーベンチャーキャピタルの創業者趙盛(WBFの創設者)

米国ドーエス・キャピタル

資本(ウォール街、ニューヨーク、米国)

これら3つの資産はすべて、ブロックチェーン投資に重点を置いています。

世界がプラストークンのプラットホームに関心を持っているということだ。

④交換所がオンラインになる前に、上記の大小のクラスに達すると、スーパーコインの贈り物が手に入ります。

⑤世界トップ1000のVIPメンバーは、PLUS掘削機に1.5年前の掘削PLUSを与えるためのプラットフォームを受け取る予定です。

特別マイニングマシーンが手に入る?

⑥plustokenは10月、米国のハーバード大学に入学し、技術フォーラムを行う。

若者にも今からのプラストークンブロックチェーン技術をレクチャーする。

⑦11月ニューヨークで学術戦略サミットに出席する

色々なメディア、場所でプラストークンプラットホームを伝える。

プラス・トークンの主なネットワーク構造が成功し、生命、ゲーム、支払いなどの側鎖が構築され、Pluss全体の生物圏を創造する。

特に中国にプラスATMが1000台以上設置されて、プラストークンウォレットと連動して現金と仮想通貨の出し入れができるようになれば世界は変わるだろう。

プラストークンは5億枚の内、3億枚がマイニング、6000万枚が開発者や技術者に、残り1億4000万枚だけが流通する。

2月に行われたプラストークンICOは15000イーサリアムの内、1人1イーサリアムしか買えなかった。

その時は1プラストークン0.5ドルと55円くらい。

それが、9月中旬には1プラストークンは12ドルになっている。

上場後もプラストークン購入が、制限や入手困難になると、どうやってプラストークンを手に入れるだろうか?

相対取引か、AI-DOCに原資を入れて日利、月利でプラストークンを受け取ることになるだろう!

全ての仮想通貨の利益はプラストークンで受け取る。

ここで賢いあなたなら、プラストークンがどれくらいまで上がるのか言わなくてもわかるだろう。

今後のプラストークンの動きに注目してください。

世界一の仮想通貨ウォレットを目指す。

プラストークンウォレット。

 

これで正式にプラストークンウォレットが今後向かっていく世界が明確になりました。

すでに2.2バージョンアップした方はご存じだと思うが、ウォレットに色々な機能が実装されています。

もう、投機目的の「コイン」とは違う、価値が伴う「株」としてPlusTokenは扱われることだと思います。

総発行数5億枚から最終的に1億枚になった時に一体1PlusTokenはいくらの価格になるだろうとワクワクしています。

しかし、プラストークン財団はまだまだこれからです。

3.0バージョンになった時には凄いことになっていると思います。

それまでに、日本国内でもプラストークン決済ができるように一緒に作りましょう。

プラストークンを信じてご利用された方おめでとうございます。

 

追伸:WBFとPsExデジタル通貨交換の署名式

その後嬉しいニュースです!

オリジナルはこちら

日本語に翻訳して掲載します。

シンガポール、WBFとPsExデジタル通貨交換の署名式がWBFビルで成功裏に開催されたのは、2018年11月28日でした。PsExのレオは、この祝典に出席し、Zhao ShengとPsEx交換とWBFの戦略的協力協定に調印しました。双方は、運営、技術、市場、グローバルなレイアウトにおいて深い協力を求める。

レオは、ウォレットブランドのアップグレードと生態学的創造を達成するためにこの協力を使用し、シンガポール初のSTO交換PsExを確立し、シンガポールの公的チェーンビットベータとの戦略的協力を達成すると報告されている。将来、レオは、米国、日本、韓国、ロシア、オーストラリア、東南アジア、ヨーロッパおよびその他の国々でのPsEx交換の世界的な生態学に焦点を当てます。

さらに嬉しいニュースをこそっとお伝えします。

このようにシンガポール発のSTO取引がスタートしようとしていますが、一部の方からの情報でちゃんと保険とかも入っているから仮想通貨保全もされるみたいです。

コインチェックやザイフもハッキングに遭っても返金されましたが、それとおなじようなイメージかなと思いました。
でも、ハッキング遭わないようにプラストークンウォレットは個人セキュリティがかなり強いです。
1、4桁の送金パスワード
2、SMSメール認証
3、顔認証

さらに3.0バージョンまでに色々と追加されるかもしれませんが、より安全なウォレットになることは間違いないです。
顔認証もかなり実用性あるクオリティ高い機能です。
多分世界初のことだと思います。

さらに、今回のSTO取引所以外でも以前から話があった、中国でプラスATM1000台設置ですが、オーナー様も募集するようです。

聞いたイメージでは、これからはPlusTokenは価値が上がり、ウォレットとプラスATMが連結して仮想通貨やリアルマネー決済チャージに使われたり、交換するときの手数料がオーナーにも分配されるようです。

そのプラスATMもPlusTokenでお支払いできれば世界中にプラスATMができる可能性があり、全世界でPlusPay決済がはやるかもしれません。

今後のプラストークン財団の成長が楽しみです。

追伸2:今後のプラストークンについてこちらも合わせてお読みください。とても大切なことです。

 

登録マニュアル日本語版・英語版・
中国版・韓国版をお受け取りください!

100万人以上ダウンロードしたプラストークンウォレット

導入
して超豪華特典もらっちゃおう!  (無料ダウンロード)

登録マニュアル日本語版・英語版・中国版・韓国版のほかにプレゼン資料もご覧ください。

 

今すぐ下のリンクをタップしてご確認ください!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

世界デジタル経済フォーラム2018(スイス・ジュネーブ)の会議を受け、重要なスピ...

WBF世界ブロックチェーンフォーラム 深セン2019 マルコポーロ深セン 20...

Plus Token アライアンス年次祝賀コンサート11月23日・24日 IN海...

中国ブランド経済サミットがPLUS TOKEN2018 Blockchainの最...

Plus Token イベントコンサート11月23日・24日 IN中国海南島三亜...

PLUS TOKENアメリカ基金ALIKがニューヨークワールドブロックチェーン大...