(PlusToken)プラストークンの大元と言うICCとは?日利0.2%のYpayと一緒なのか?プラストークン2番煎じ登場?ICC詐欺・YPay詐欺との声が届き真実調査開始

(PlusToken)プラストークンの大元と言うICCとは?日利0.2%のYpayと一緒なのか?プラストークン2番煎じ登場?ICC詐欺・YPay詐欺との声が届き真実調査開始という題名でスタートする今回の記事は、複数の方からお問い合わせがあり調査する形となりました。

とくにこのようにプラストークンが成功したのをいいことに、乗り遅れた人たちがプラストークンはそろそろ危ないから、メインのICCがそろそろスタートするから準備しておいたほうがよいという声が多かったです。

ICCとYPayという2つのキーワードに隠された案件とはどんなものなんだろうか?色々な情報網を使いリサーチして調査に入る。どうもPlusTokenをダメ出ししながら、違う案件に誘導しているようだ。

今回の記事は複数の方から依頼があり調べてくださいと要望があったのでわかる範囲で調べて感想を記載したいと思う。

どうもプラストークンの大元はICCという情報が流れているようだ。

でも、色々調べたらそんなことはない。

まったく別物で、一緒といったらAIアービトラージのネタということだ。

ちなみに、一般の方はプラストークンはAI-トレードが売りと思っているようだがまったくもって違うと断言しておく。

プラストークンのAI-アービトラージは取引してもらう人や決済してもらう人集めに無料提供している客寄せパンダのツールだ。

仮にプラストークンがAI-アービトラージだけで配当を出していたら、今回の仮想通貨大暴落で破綻して配当は出せなくなっていると思う。

プラストークンの中身を知らない人は結局うわべだけの情報だけで判断してしまい、毎日全員報酬を得ているから大成功しているように感じている。

それをいいことに、PlusTokenはそろそろ原資がなくなるから、早くやめて大元のICCに投資したほうがよいととか、今から先行者利益が得られるYPayにポジション取ったほうがよいよとか、プラストークンは組織見れないけど組織全体が見れるからこっちがいいよとか、色々な勧誘方法であっちからも、こっちからも来ているようですね。

今回はべつに、PlusTokenをださなかったら私は動かなかったのですが、どうもプラストークンビジネススキームを真似たビジネスプランが色々と始まっているようです。

まぁ、今までの案件の過去をたどれば単独スキームでの継続は難しいとわかってきたので、プラストークン財団みたいに複合的なスキームでないと継続できないから、成功途中のプラストークン財団のやり方やプランを真似てくるのでしょうね。

プラストークンはホワイトペーパー通りに進んでいますが、2番煎じのプランやシステムをたどれば、どこが一緒でどこが類似なのかが明確になりますね。

これから投資をされる方にも参考になるし、勉強になると思いこのような形でレクチャーさせていただきます。

 

別にICC詐欺、YPay詐欺と言っているのではなく多くの方から詐欺の可能性があるという声を聴いただけで、その実態を調査しているだけで、批判や誹謗中傷とは違うので誤解がないようにお願いします。

プラストークンもそうですよね。

プラストークン詐欺と検索したらたくさん出てくるように、色々な方の意見が飛び交うと思います。

今回は冒頭でも書いたように私がプラストークン財団を応援しているにも関わらず、PlusTokenの大元のICCとYPayをネタにしていたから、ちょっと奥まで情報公開して私なりの感想を述べたいと思います。

投資をする、しないは個人の自由ですし、自己判断、自己責任です。

私がやるな、やれとは言えません。

まぁ、今まで散々甘い話をして、やれ、やれ、やれ、と言って、大丈夫稼げるから、ほら、稼いでいるから、もっと稼げるからと、リスクを言わずにビジョン系の目先のお金を入れて、そのお金を回しあっているようなプランで、最後に飛ばれて、紹介した人のお金を失わせて、最後には、「俺も被害者だから、しかたないだろ」とやっているから詐欺師と言われるんだろ・・・・

それって・・・詐欺師の當間健作だろ・・お前だ!

ごめん。

過去は謝るよ。

反省して、今は甘い話をしないで、できるだけリスクを話すようにしている。

そして、最後は自己判断、自己責任でやってくれと。

仮に案件が飛んでも當間健作を恨まないでなと。

また、詐欺師の當間健作といわないでなぁと。

だから、プラストークンやるときは無料ウォレットだけ進めるようにして、後はプラストークンが欲しかったら増やす仕組みがあるから、それを自己判断、自己責任でやってくれと言っている。

AI-DOGに仮想通貨をいれたら月利10%得られる代わりに、甘くおいしい思いをする反面裏返せば、その仮想通貨がなくなるかもしれないというリスクもあるということを自覚してやってもらわないと、世の中絶対はないからね。

プラストークンは2.2バージョンになってやっと世界初顔認証機能が導入されて今からっていう時にみんなを不安がらせるように、「PlusTokenは飛ぶ」からと言ってやめさせてICCやYpayに移動させるのはどうかなと思います。

だから今分かる範囲で情報開示するから資料を基にレクチャーします。

ICCのネタはAIアービトラージ

英語版と日本語版の両方をオープンします。

ICCの話を聞くときはちゃんとリスクも聞くようにしたほうがいいですね。

プラストークンの話を聞くときはもちろん他の案件のときもリスクを聞いたほうがいいですね。 これからの時代は自分の資産は自分で守りましょう。

ちなみに、2018年11月は仮想通貨大暴落でイーサリアムクラシックは事業撤退するみたいなことを言っていたような感じだし、その他も仮想通貨事業から撤退する人は続出すると思う。さらに、マイニング企業やアービトラージでも差益が取れなくなって破綻する企業もあるし、一番驚いたのは1年近く預けていたら、手数料なしで元金と利息が引き出せる投資案件が、今引き出すと30%引きになりますとか勝手に決められて大損する投資まで続出しています。
想定外を想定内にいれて投資をしないと、結局やらないほうが儲かったということになります。紹介者からリスクをちゃんと聞くようにしましょう。

プラストークン財団のCEOはLEOだけど、ICCのCEOはRomanロマンか・・・
完璧な人はいません。完璧なチームだけです。
ホンマカぁ?

ICCの時代到来みたいですね。 このロケットに、人工知能エンジン、ブロックチェーンエンジン、クラウドコンピューティングブースター、大きなデータが燃料というコンセプトで、テクノロジー、スマートファイナンスと言っていますね。
このロケットにのったらどこに連れて行ってくれるんだ?

ICCはスマートなエコシステムみたい。
まぁ、まとめると、投資しろということかな?

まず、投資をしたら、利益を生み出すということだね。

ICCの利点は資産配分、危機管理、しているプロフェッショナルチームがいるんだね。

グローバルユーザー、大規模暗号基金、資産配分、利益が得られる?

AIチップに色々と絡ませているみたいだね。
フィンティックを何でもかんでも付け足しているように感じるが・・・
本当に書いてある通りに出来るのだろうか?

ハイスピードスキャンでリスク分散しながらやるのか?

ヘッジ戦略を適用するみたいですね。 クロスマーケットアービトラージとかペア取引、三角アービとかするのかな?

ICCの戦略みたいですね。パターン発見するみたい。時系列解析とかすごそうだね。

でた、クロスマーケットアービトラージで、95ドル買いで100ドル売りで5ドル利益。

これぞアービトラージの安く買って高く売るって、限界があるんだけどね。

クロスマーケットアービトラージは色々な取引所での差益をえるものみたい。
今まで色々なアービトラージソフトやツールを購入してきたけど、どれも続かなかったけどこのクロスマーケットアービトラージはどうかな?

同期的な長短戦略で利益を上げているみたいだね。

暗号市場における機会と課題。過去では通用したけど、今の大暴落した市場ではどうだろうか?

2017年終わりには50億ドルを超えて、2018年初めには、取引量も700億ドル超えたみたいだけど、確かに2017年1月から2018年2月までは良かったけど、それから大暴落して2018年11月には今までになかった大暴落でほとんどん全滅しているのに、今のレートで仮想通貨アービトラージだけで利益を叩き出せるだろうか? 出せたらすごい。ほとんどが出せないと思うけど。 ICCは出せるみたいだね。

素晴らしい取引量を誇っているみたいだね。 200件の交換、1726暗号通貨はどういう意味? 24時間は自動でクロスアービをするってことかな?

なぜ、フランスのビジネスマンだ。グローバルインフラ、アルゴリズムを備えたソフトウェアに取引所での流動性って・・・

スプレットが発生するのはわかるが、今の仮想通貨市場で継続できるかが問題だね。

2018年OTC取引プラットフォームの立ち上げってスタートしているの?
2019年にはC2C取引は相対取引だよね。2020年にはスマートテクノロジー3.0発売って、プラストークン3.0と競っているのか?

スマートトレーディングプラットフォームサービスとは色々絡ませているね。
よくわからないけど、3.0になったらすごくなるよって言いたいのかな?

活発な生態学、めちゃくちゃ業界用語使いまくり、とにかくスゴイを言いたいのね。

でた、プラストークンウォレットと同じ多機能ウォレットかな?
ICCも仮想通貨以外のリアルマネーも導入するのかな?

色々な国を責めていくみたいだね。なんと、2020年東京オリンピックまでにJコインと呼ばれるデジタル通貨を発行するみたい。 日本円と交換して購入することができるようですね。 交換して使えなかったら損するんだろうか。

色々な支払いができるのね。

デジタル資産クラウドファンド、ベンチャー投資プロジェクトで優秀なプロジェクトと言っているけど、全然詳細がつかめない。 つかめた人いる?

投資をしたらICCから株が貰えるよということかな?
倍率が凄いこと書いてあるけど、何の保証もないよね。

投資金額に対して変わるみたいだけど、基本日利0.2%みたい。
500ドルぐらいから投資ができるみたい。

つまりICCはこの資料の通り、AIクロスアービトラージに投資をしたら自動で売買してくれて毎日配当が得られますよということだ。

ちなみに、ビットコインで支払い、ビットコインで配当が貰える用だけど、今のご時世原資で支払い、原資で配当や報酬をもらうと経営がたいへんでほとんど破綻したり配当ストップとかしているけど、このICCはちゃんとみんなのお金を守ってくれるのかな?

紹介する方に具体的なことを聞いて、今の仮想通貨の大暴落でどれくらいの実績を叩き出しているのかエビデンスが必要だね。

すでに実践している人の生の実績を参考にしたいね。

だれか、ICCやっている方がいましたら、実践した感想を教えてください。 11月の大暴落でも問題なく配当や報酬は得られていますか?

さらに、もう一つキーワードがあったと思います。

それは、「Ypay」というものです。

そこで、色々とリサーチした結果、10月にセミナーがあったみたいですね。

それで、現在構築中みたいですが、それも合わせてご確認ください。

もしかして、0.2%をICCで運用するのなか?とか思ったりしましたが、共通の部分もあると思いますので、情報シェアします。

ICCとY-Payが一緒かどうかは知りませんがどちらもプラストークンはダメだといいながら勧誘行為をしているようです。他にも勧誘受けた方がいましたら情報共有しましょう。 とりあえず情報だけシェアするので現在調査中です。

★y-payの3つの主要ポイント★
1.80%:20%のルール
y-payは会員登録してYPAY社に現金かBTCを送信すると二つの口座(財布)を貰う。
1万円から?上限なし
二つの口座に80%:20%で分けられる
 例)10万円分のYpayくを購入した場合(1Ypayは20円):5000Ypay
8万円分のYpay:2万円分のYpay
4000Ypay  1000Ypay
     (現金口座)(投資口座)
現金口座の80%はいつでも自由に換金出来る。そして、Ypay加盟店やオンラインショッピングモールなどで現金のように使える
投資口座の20%は毎日0.2%の利子が発生して、自動的に現金口座に貯まる。
2. ×6の倍数のルール
現金口座から投資口座に移動すると移動する現金豪座金額の6倍増やし投資口座財布に加算される。
現金口座から8万円分のYpayを投資口座に移動すると48万円分のYpayが加算される。
現金口座から80万円分のYpayを投資口座に移動すると480万分のYpayが加算される。
6の倍数に増えたYpayが毎日0.2%ずつ現金口座に貯まる。
(投資口座は現金口座からの移動をしなければ6倍に増えない。
現金口座から投資口座への移動は選択である)
3.現金口座のYpayの使用時は使用分の80%が投資口座にプラスされるルール
現金口座から対人取引(p2p)で現金を引き出して加盟店などで商品を購入した場合、使用金額の80%が新たに投資口座に入金され、消費の革新的な変化の時代が来る。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
* y-payの仕組みの概要
■1Payは20円■
Ypayの機能
(1)    決済機能
(2)    投資機能
(3)    ワレット機能
(4)    ミニ取引所の機能
(5)    P2P機能
使用例)
10万円分のy-payを買うと5,000個のYpayが貰える。
すぐに現金口座と決済口座が作成される
現金口座に80%/投資口座に20%が配分される。
 8万円分のYpay(現金口座)/ 2万円分のYpay(投資口座)
8万円分のYpay(現金口座)を投資口座に移動すると6倍??48万円。
投資口座は合計50万円分のYpayになる / 499マンウィン
すぐ投資口座には最初に入れた金額の5倍の50万円分のYpayになる。
50万円の0.2%の利息が翌日から現金口座に365日、毎日。
50万円の0.2%は1千円分のYpayが現金口座に入る。
P2P取引(会員間):10万円分のYpay
(例)新規登録の場合、会員からy-payが買える。
新規登録者:Ypayが欲しい。会員:Ypay売りたい
会員がYpayを売ったら現金を受ける(10万円、手数料3%)
その後、売った会員は売った金額の80%の8万円分のYpayが投資口座に入る。
投資財布に合算されて、0.2%の利息が発生。
<ものすごい新概念収益構造システムである>
元金回収はだれも紹介を出さない場合、複利で回さない場合は約100日かかる
元金回収後に投資口座に残った40万円ウィンドウ続けて運用できる。
2千円分のYpay(100個のYpay)集まったときに再投資(現金口座から投資口座に移動)
投資口座に動かす場合は6倍の12,000円分のYpayになる
———————————————
■マーケティングフランジ■
ユニレベルプラン
1.    自分だけの場合:元金の5倍
(元金回収は約100日)
元金回収後に残った4の倍数財テクと負担がない。
2.直紹介
現金口座から投資口座に移動した場合、移動した分の6%が現金口座に入る。
3.直紹介5人出した場合、レベル2?レベル15まで会員が現金口座から投資口座に
移動した分の2%。
4.直紹介10以上出した場合、15代以降無限大に0.1%が現金口座に入る。
5.タイトルボーナス(代理店):投資口座の累計Ypay数が100万個になると、
1?15レベルの会員が現金口座から投資口座に移動する度に移動分の8%のボーナスが
Ypay会社から投資口座に入る
6.タイトルボーナス(総販): 投資口座の累計Ypay数が300万個になると、
無限レベルの会員が現金口座から投資口座に移動する度に移動分の1%のボーナスが
Ypay会社から投資口座に入る
★y-coinが10月にホワイトペーパーが出てくるy-payと交換することができるようになるので
特別利益の機会もあります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Ypayのメリット
1)会社の実体がある
モジュールハウスの最高の技術力を持った(株)コーディラックスが主導的に運営。
2)電算システムの信頼性
直紹介した人から自分の傘下全体の組織図が見れる。
3)Ypay供給の迅速性と正確性
P2P対人取引が会社のシステム上で仲介するので会社が責任を持って取引する仕組みを提供する。
4)加盟店をショッピングモールに体系化
Ypayを通じて加盟店募集ではなく、ショッピングモールをグローバルに展開出来る。
5)モジュールハウスの販売運営
(株)コーディラックスはモジュールハウスの製造流通会社でYpay加盟店で会員が安価に購入できるメリットがある。
6)Ycoinの発行
2018年10月にホワイトペーパーが出来て、2019年4月の取引所に上場を目指す。
7)Ypayを2018年10月韓国と日本同時にオープン

 

結論:ICCのアービトラージは今の仮想通貨大暴落では思ったよりも利益が得られなかった時のリスクが大きいと思い私はやりません。Y-Payもまだ見えない部分があり実践している方の声を聴きたいと思います。

298,000円の超豪華特典と5,000円相当を
お受け取りください!

100万人以上ダウンロードしたプラストークンウォレット

導入
して超豪華特典もらっちゃおう!  (無料ダウンロード)

 

今すぐ下のリンクをタップしてご確認ください!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。